原田芳雄×阪本順治監督「大鹿村騒動記」に大物俳優が続々参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月10日 > 原田芳雄×阪本順治監督「大鹿村騒動記」に大物俳優が続々参戦
メニュー

原田芳雄×阪本順治監督「大鹿村騒動記」に大物俳優が続々参戦

2011年1月10日 05:00

歌舞伎のシーンを含め演じきった 主演の原田芳雄「大鹿村騒動記」

歌舞伎のシーンを含め演じきった
主演の原田芳雄
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 阪本順治監督の最新作「大鹿村騒動記」に、原田芳雄が主演することがわかった。長野の大鹿村に300年以上も伝わる大鹿歌舞伎を題材にした作品で、2人がタッグを組むことを聞きつけた大楠道代岸部一徳松たか子佐藤浩市ら豪華俳優陣が参加を表明し、続々と同所に駆けつけた意欲作だ。

同作は、原田がテレビドラマ「おシャシャのシャン!」の撮影で同所を訪問し、その伝統美に魅了されたことから企画が立ち上がった。そして、「いつかは(原田の)主演作を」と願い続けてきた阪本監督が、オリジナル脚本を執筆。こうして、「亡国のイージス」(2005)以来約6年ぶりのタッグが実現した。

原田が阪本監督と仕事をするのは今作で7本目だが、「おまえとは一緒にやったことがない」と言われたという。「こちらへの檄(げき)を含めたものでね。出会って20年かかってやっと実現したんですけれども、想像よりもスケールアップしたんですよね。こちらのほうがそこに追いついていくのが大変なくらい」。だからこそ、2週間という過酷なスケジュールの撮影も乗り切った。


岸部一徳と大楠道代も熱演「大鹿村騒動記」

岸部一徳と大楠道代も熱演
[拡大画像]

日本の原風景ともいうべき同所で2人が映画を撮影するという“魔力”に引きつけられたのは、大物俳優たちだけではない。クライマックスとなる大鹿歌舞伎を再現する場面では、地元はもちろん日本各地から約850人のエキストラが結集。1カット1カットにOKが出るたびに拍手が沸き起こる熱い現場になった。原田は、「スタッフも役者もみんな、(この現場を)“夢”だって言っていましたね。信じられない夢を見ているようだとね」と振り返る。

映画は、シカ料理専門店を営む主人公・風祭善(原田)の前に、18年前に駆け落ちをして村を離れた妻・貴子(大楠)と幼なじみの能村治(岸部)が現れるところから始まる。前頭葉に疾患があり、駆け落ちしたことすら忘れてしまった妻を、治ともども店に住まわせることに。村は善も出演する大鹿歌舞伎の公演日を目前に控えていた。貴子は18年前に演じた役どころのセリフだけは記憶しており、舞台上で善と向き合うときだけ、昔の姿に戻るのだった。

銀幕デビュー作「復讐の歌が聞える」(68)から43年の間に、さまざまなキャリアを積み重ねてきた原田にとって、今作への思い入れは相当に強い。「阪本と20年かかって取り組めた作品だからね。いろいろやってきた中で、将来振り返ってみたとき、この映画が自分にとって節目になっている可能性はある。出来上がりがどうなるか、楽しみだね」と期待を寄せている。

大鹿村騒動記」は、7月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi