原田芳雄、阪本順治監督ら大鹿村へ言い尽くせぬ感謝伝える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月4日 > 原田芳雄、阪本順治監督ら大鹿村へ言い尽くせぬ感謝伝える
メニュー

原田芳雄、阪本順治監督ら大鹿村へ言い尽くせぬ感謝伝える

2011年5月4日 21:21

大鹿村に駆けつけた阪本順治監督、原田芳雄ら「大鹿村騒動記」

大鹿村に駆けつけた阪本順治監督、原田芳雄ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 阪本順治監督の最新作「大鹿村騒動記」の完成披露試写会が5月4日、舞台となった長野・大鹿村で行われ、主演の原田芳雄大楠道代岸部一徳と阪本監督が昨秋の撮影以来となる凱旋を果たし、大鹿村民を前に舞台挨拶に立った。

300年以上前から伝承される“大鹿歌舞伎”の公演を間近に控えた村に、かつて駆け落ちで村を離れた治(岸部)と貴子(大楠)が帰ってくる。鹿料理のレストランを営む貴子の夫で、歌舞伎の花形役者の善(原田)や村民たちを巻き込む思わぬ騒動が繰り広げられる。3年前に同歌舞伎の存在を知った原田が、阪本監督に映画製作を提案し昨年11月、地元の村民を含む850人のエキストラが集まり撮影された。

村では前日、大鹿歌舞伎の春公演が開催されたばかり。その興奮冷めやらぬまま、会場の村立小学校には2回の上映で約1000人の観客が結集。大歓声で迎えられた原田は、「皆さんの協力なしでは100%できなかった作品。何度お礼を言っても言い尽くせません。大鹿村生まれ、大鹿村育ちの映画です」と感慨深げだ。劇中で挑戦した歌舞伎については、「この世界で40年過ごしても歌舞伎に関しては素人。赤子の手を取るように丁寧にご指導いただいたんですが、衣装が重くて左肩を脱臼してしまいまして……」と苦笑交じりに撮影当時の苦労を明かした。


画像2

[拡大画像]

大楠にとっても、歌舞伎の舞台に立つのは初めて。「不安でしたが、皆さまの協力のおかげでやり通すことができました。やり始めると楽しくて、(歌舞伎のシーンの撮影が)2日で終わるのが寂しいくらいでした」と述懐。駆け落ちの末に村に戻ってくるという役どころを演じた岸部は、「大鹿村にはこんなにいい加減な男はいないと思います」と語り、場内の笑いを誘っていた。

この日、阪本監督は感謝の気持ちを込めて体育館の入り口で観客を出迎えた。村の人々との交流を振り返り、「鹿を撮影している横で差し入れの鹿鍋を食べるのは複雑な気持ちでしたが、寒さに負けていただきました」とニヤリ。そして、「また遊びに来たら酒飲ませてください」と語り、客席から喝さいを浴びていた。

佐藤浩市松たか子瑛太三國連太郎らも出演している「大鹿村騒動記」は、7月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi