役所広司&佐藤浩市は「日本版デ・ニーロ&パチーノ」と杉田監督が絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月17日 > 役所広司&佐藤浩市は「日本版デ・ニーロ&パチーノ」と杉田監督が絶賛
メニュー

役所広司&佐藤浩市は「日本版デ・ニーロ&パチーノ」と杉田監督が絶賛

2010年6月17日 15:12

日本人の“心”の物語を丹念に作り上げた「最後の忠臣蔵」

日本人の“心”の物語を丹念に作り上げた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 洋画メジャーのワーナー・ブラザースが初めてローカル・プロダクションとして製作する「最後の忠臣蔵」の完成会見が6月17日、都内のホテルで行なわれ、主演の役所広司佐藤浩市桜庭ななみ片岡仁左衛門、杉田成道監督、同社のウイリアム・アイアトン社長が出席した。

池宮彰一郎の人気小説が原作で、赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件後の世を舞台に、主君・大石内蔵助の密命を受けて生き残った2人の男の16年後の生きざまを軸に描く。役所と佐藤は、「THE 有頂天ホテル」(2006)で共演しているが直接の絡みはなかったため、実質的には初共演となる。

役所は、佐藤との共演について「演技について話したことはないです。浩市さんとは競馬の話ばかりしていた」と述懐。それでも、「大好きな俳優。今回は2人で向かい合ってやり取りすることが多かったので、刺激的で楽しかった」と“血盟”を称えた。一方の佐藤も、4歳年上の役所について「この4歳って結構でかいんですよ。大先輩ですし、がっぷりと対じできることが楽しみで現場に行っていました」と真摯(しんし)な態度で語った。

「北の国から」シリーズで知られる杉田監督は、「日本のベストメンバーをそろえられた。かつての日本映画がもっていたアナログなテンポで、美意識の強い作品に仕上がった。私は桜庭さんのお守りをしていただけ」と謙そん。時代劇は初めてとなったが、「抵抗感はなかった。台本を一読したときから役所さんと佐藤さんの2人以外に考えられなかった。日本のロバート・デ・ニーロアル・パチーノですから、スケジュール的には困難を極めたが、脚本の力で快諾してくれた」と絶賛した。

2人の“主”となる内蔵助に扮した片岡は、「私のような者が内蔵助を演じて若すぎないかな……と思ったが、出来上がった作品を見て自分の年を認識した」と苦笑い。そして、「素晴らしい人物でありながら、出番は少ない。私の一番好きな役です」とユーモアを交えて話し、場内の笑いを独占していた。

最後の忠臣蔵」は12月18日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi