「コクリコ坂」見どころは「団塊世代が送った青春」 ジブリ鈴木Pが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月22日 > 「コクリコ坂」見どころは「団塊世代が送った青春」 ジブリ鈴木Pが語る
メニュー

「コクリコ坂」見どころは「団塊世代が送った青春」 ジブリ鈴木Pが語る

2011年6月22日 14:58

KDDI高橋誠代表取締役、手嶌葵、鈴木敏夫プロデューサー(左から)「コクリコ坂から」

KDDI高橋誠代表取締役、手嶌葵、鈴木敏夫プロデューサー(左から)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」とKDDIによるキャンペーン発表会が6月22日、都内で行われ、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、同作の主題歌を歌う手嶌葵が出席した。

コクリコ坂から」は、「なかよし」(講談社刊)で1980年1~8月号に連載されていた高橋千鶴佐山哲郎(原作)の少女漫画が原作。平凡な女子高生の海が、新聞部の仲間たちと送るドタバタな日常生活を笑いあり、涙ありで描く。宮崎駿の長男である吾朗監督が、監督デビュー作「ゲド戦記」以来5年ぶりにメガホンをとる。

公開を来月に控えた同作の見どころについて、鈴木プロデューサーは「1963年、舞台は横浜。その時代の高校生男女の話になっていますが、実は僕の高校時代。見どころとしては、団塊の世代が送った青春。そのころ日本には明るい未来しか待っていなかった」と話した。

手嶌は「ゲド戦記」以来、2作目のジブリ主題歌「さよならの夏~コクリコ坂から~」を担当。7月2日から放送される、KDDIの新CM楽曲としても採用された。手嶌はこの日、ギターの伴奏とともに生歌を披露し、観客を聞き入らせた。

7月1日からスタートする「コクリコ坂から×KDDI」キャンペーンは、テレビCM、PC、モバイルサイトが連動した企画。劇場予告編と監督インタビューを収録したスペシャルムービーと手嶌が歌う主題歌(体験版)をモバイル配信するほか、「きせかえtouch」などのデジタルコンテンツをプレゼントする。また作品の舞台となった横浜市と共同で、スタンプラリーやユーザー参加型のスナップ企画などを7月16日から展開。スタンプラリーでは、スタジオジブリが制作した、横浜のガイドマップが無料で配布される。キャンペーンは8月31日まで。

ジブリでは、「今まで禁じ手にしてきた」というインターネットでのタイアップについて、鈴木プロデューサーは「携帯のない時代、みんな幸せだった」というコピーをまず思いついたという。その後、今回のタイアップに至る経緯を「いずれやらなきゃいけないと思っていたのと、(KDDIの)人との出会いが大きかった。本音で話す人たちで僕がインターネットを使わずにタイアップできないかと提案しても、建前で答えなかった」と説明した。

また、「宮崎駿はデジタルとかインターネットとか携帯電話とかに背を向けると言っていますが、大きな声では言えませんが、彼も携帯電話を持っています。会社で持たせていて、僕の前では使わないんですが、記録を見たらかなりの頻度で使っています(笑)。その機種がKDDIのauでした。現代を避けて生きることはできないなと思いました」と明かし、会場を笑わせた。

コクリコ坂から」は7月16日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi