松山ケンイチ、休日は福島でがれき撤去「なんとかしなきゃ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月8日 > 松山ケンイチ、休日は福島でがれき撤去「なんとかしなきゃ」
メニュー

松山ケンイチ、休日は福島でがれき撤去「なんとかしなきゃ」

2011年6月8日 16:51

同世代のファンと語り合った松山ケンイチ「マイ・バック・ページ」

同世代のファンと語り合った松山ケンイチ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「マイ・バック・ページ」(山下敦弘監督)のティーチインイベントが6月8日、都内で行われ、山下監督と主演の妻夫木聡松山ケンイチが出席した。「三里塚の闘争にしても、日本が間違った方向に行くかもしれないっていう危機感があった。根本にあるのは国を愛する気持ちだと思う」と作品について持論を述べた松山は、「今、震災のボランティアやテレビの特集を見てそれを再確認しています。今、土日のどっちか車で行けるギリギリの距離で、福島でがれき撤去しているんです。バイトでも不真面目な人間だったんですけど、せっせっと動けて全然苦じゃないんです。なんとかしなきゃって思ってるから、体が動くんです」と被災地でのボランティア活動を行っていることを明らかにした。

元・朝日新聞社記者で、現在は文芸・映画評論など幅広い分野で活躍する川本三郎氏の同名ノンフィクションを、山下監督と脚本家・向井康介が映画化。若手ジャーナリストの沢田(妻夫木)と新左翼系のリーダー(松山)の運命的な出会いを通じ、激動の時代に社会を変えたいと願った若者の青春と挫折を描く。

イベントには20代半ば~30代半ばの男女が出席。 同世代の観客を前に、妻夫木は「挫折の経験って人を強くすると思う。何かにトライするときは自分で踏み込まないといけない」と、役柄を通してアドバイス。芸能界入りしてからの挫折を告白したり、日本映画のありかたについても言及し、熱弁をふるった。また、予定時刻を過ぎた質問にも「ちょっとくらい押してもいいんじゃないですか」と進行を促し、1時間以上も観客とのディスカッションを楽しんだ。

山下監督は「あの時代を否定するのか肯定するのかと聞かれて、どっちでもないと言っていたが、最近はどこかで批判しているのかもしれない。乱暴な言い方だけど、沢田の話をどこかで、おもしろくしてたまるかという気持ちがあった」と公開後の心境の変化を語った。

マイ・バック・ページ」は現在公開中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi