「私と過去に戻ってくれる人求む」偽の広告をハリウッドが映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月17日 > 「私と過去に戻ってくれる人求む」偽の広告をハリウッドが映画化
メニュー

「私と過去に戻ってくれる人求む」偽の広告をハリウッドが映画化

2011年5月17日 11:28

募集広告をもとにした映画に出演するクリステン・ベル「リトル・ミス・サンシャイン」

募集広告をもとにした映画に出演するクリステン・ベル
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小説や新聞記事が映画化されるケースは多いが、今度は募集広告をもとにした映画「Safety Not Guaranteed(原題)」が製作されることが分かった。

原案は、米ライフスタイル雑誌「Backwoods Home Magazine」の募集欄に掲載された広告。「求む。私と過去に戻ってくれる人。これはジョークではありません。報酬は帰ってきてから支払います。必ず自分の武器を持参してください。安全は保障できません。私はまだ1度しか経験がありません」と、切実な内容が書かれていた。

実際には広告欄のスペースを埋めるための冗談だったのだが、米Wrapによれば、脚本家のコリン・トレボロウデレク・コノリーがこれに着目。トレボロウが初メガホンをとり、クリステン・ベルジェフ・ガーリンメアリー・リン・ライスカブオーブリー・プラザマーク・デュプラスらが出演する、アンサンブルコメディとして映画化されることになった。

出版社に勤める3人が、不可解な広告の調査に乗り出すというストーリー。「リトル・ミス・サンシャイン」「サンシャイン・クリーニング」「お家(うち)をさがそう」を手がけた、ビッグ・ビーチ・フィルムズが製作する。すでに、シアトルでクランクインしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi