仲村みう“自前”泣きぼくろで富江役ゲット : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月14日 > 仲村みう“自前”泣きぼくろで富江役ゲット
メニュー

仲村みう“自前”泣きぼくろで富江役ゲット

2011年5月14日 16:00

仲村みうは母から「すごくイヤな顔をしている」と絶賛?「富江 アンリミテッド」

仲村みうは母から「すごくイヤな顔をしている」と絶賛?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カルト的な人気を誇る井口昇監督がメガホンをとった「富江 アンリミテッド」が5月14日、全国11スクリーンで封切られ、東京・新宿バルト9で井口監督をはじめ、出演の荒井萌仲村みう、「AKB48」「渡り廊下走り隊」の多田愛佳が舞台挨拶に立った。

伊藤潤二のホラー漫画を映画化し、過去には菅野美穂宮崎あおいも出演した人気シリーズの8作目。1年前に事故死したはずの姉・富江(仲村)が突然、月子(荒井)と家族の前に姿を現すが、“生還”は血なまぐさい連続怪奇事件の序章にすぎなかった。荒井、仲村、多田に加え、「ACジャパン」のCMで注目された大和田伸也の次男・大和田健介も出演している。

仲村は、原作の富江と同じ左目に“泣きボクロ”があり「富江を演じるために生まれてきた」(井口監督)。当の仲村は、その事実を知らずにオーディションに臨み「監督から『それって生ボクロなの?』って聞かれて(笑)。ホクロフェチなのかなあって」と戸惑いを告白。富江らしい不気味な笑い方にこだわったといい、「予告編を見た母親から『すごくイヤな顔をしている』と言われた」と照れくさそうだった。

一方、月子役の荒井はホラーが大の苦手だといい「後ろから刺されそうになるシーンは、本当に怖くて、カメラと逆方向を向いてしまったことも」。井口監督も「(演技ではなく)リアルに絶叫しているシーンがあるので、ぜひ堪能してほしい」と太鼓判。「もともと原作の大ファン。人間が変形する様を原作に近い形で実写化できたし、富江と月子の複雑な関係性も表現できればと。女優さんも頑張ってくれた」と胸を張った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi