成海璃子「少女たちの羅針盤」でのキスシーンに赤面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月14日 > 成海璃子「少女たちの羅針盤」でのキスシーンに赤面
メニュー

成海璃子「少女たちの羅針盤」でのキスシーンに赤面

2011年5月14日 15:50

舞台挨拶に立った(左から)長崎俊一監督、 草刈麻有、忽那汐里、成海璃子、森田彩華「少女たちの羅針盤」

舞台挨拶に立った(左から)長崎俊一監督、
草刈麻有、忽那汐里、成海璃子、森田彩華
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 成海璃子忽那汐里らが出演するミステリー映画「少女たちの羅針盤」が5月14日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷などで封切られた。広島の「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の第1回優秀作に選ばれた小説の映画化で、ロケ地となった広島県内の5スクリーンで先行公開。この日から全国約30スクリーンに拡大された。

同館では成海、忽那に加え森田彩華草刈麻有らが舞台挨拶。今春に卒業した高校で3年間、クラスメートだったという成海と忽那。「3年間一緒だったので、まあ、いろんなことがありましたよ」と意味深な笑顔で振り返る成海に対し、忽那は「撮影中に期末テストがあって、(ロケ地の)福山で一緒に猛勉強をしたんですけれど、(サッカーの)W杯を見てしまい、地獄のような試験になりました」と明かし、会場の笑いを誘った。

また、森田が成海とのキスシーンについて「撮影前の雰囲気も張り詰めてなく、笑い合いながらいつの間にか終わっていました。初めての相手が成海さんで良かった」と感謝。顔を真っ赤にしてしきりに照れる成海は、「光栄です」と話すのが精いっぱいだった。

メガホンをとった長崎俊一監督は、「とにかく4人が素晴らしい」と絶賛。「ミステリーの枠組に入っていますが、4人のキラキラした時間が伏線やテーマになっています。撮影からほぼ1年がたち、今では彼女たちも見違えるような大人になりましたが、あのころの一瞬の輝き感じてほしい」とアピールしていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi