実写版「AKIRA」キャスト白人化に日系俳優G・タケイ猛抗議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月21日 > 実写版「AKIRA」キャスト白人化に日系俳優G・タケイ猛抗議
メニュー

実写版「AKIRA」キャスト白人化に日系俳優G・タケイ猛抗議

2011年4月21日 13:11

猛抗議を展開するジョージ・タケイ「AKIRA」

猛抗議を展開するジョージ・タケイ
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・トレック」のヒカル・スールー役で知られる日系俳優ジョージ・タケイが、ハリウッドによる大友克洋の人気漫画「AKIRA」の実写映画化企画のキャスティングに対し、抗議の声を上げている。

米ワーナー・ブラザースとレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが進める「AKIRA」の実写化は、原作の1~3巻を前編、4~6巻を後編として全2部作で製作するもの。「フロム・ヘル」「ザ・ウォーカー」のアレン&アルバート・ヒューズ兄弟がメガホンをとることが決定している。

また、主要キャラクターのうち、金田役にはギャレット・ヘドランドマイケル・ファスベンダークリス・パインジャスティン・ティンバーレイクホアキン・フェニックス、鉄雄役にはロバート・パティンソンアンドリュー・ガーフィールドジェームズ・マカボイが候補に挙がっていることが報じられている。

これを受けて、タケイは自身のTwitterアカウント(@GeorgeTakei)で、主役の候補に挙がっている俳優が全員白人であることを疑問視。原作の設定を改ざんし、アジア系の俳優からチャンスを奪っているとして「恥を知れ、ワーナー・ブラザース」を意味するハッシュタグ(#ShameOnWB)をつくり、Facebook上でアジア系俳優の起用を求める署名運動を始めた。これまでのところ、タケイの主張には多くの非アジア系の映画ファンも賛同しているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi