神山健治監督「攻殻機動隊」の飛び出す3Dに自信! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年3月26日 > 神山健治監督「攻殻機動隊」の飛び出す3Dに自信!
メニュー

神山健治監督「攻殻機動隊」の飛び出す3Dに自信!

2011年3月26日 15:42

震災支援Tシャツを映画公式サイトなどで販売「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」

震災支援Tシャツを映画公式サイトなどで販売
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメーション映画「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」が3月26日に公開初日を迎え、神山健治監督が新宿バルト9で行われた舞台挨拶に登壇した。

人々の意志が電脳でつながれた未来を舞台に、複雑化する犯罪の根を事前に除去する目的で設立された内務省直属の「公安9課」、通称“攻殻機動隊”がさまざまな事件や問題に立ち向かう姿を描いた「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」シリーズ第3作を、3D化した。

入場収入の一部が、11日に起こった東日本大震災の被災者のために寄付されるほか、神山監督と中村悟総作画監督の書き下ろしによる支援Tシャツが映画公式サイトなどを通じて販売されており、この収益も全額寄付される。神山監督は、「大変な時期ですが、こうして初日を迎えられてうれしく思います。そして、こうして多くの方が集まってくださったことに感謝します」と挨拶した。

本作の3D化のきっかけとなったのは、世界歴代興行収入を塗り替えたハリウッド大作「アバタ―」の存在。神山監督は、「僕も劇場で見て衝撃を受けました。師匠の押井(守)さんはしきりに『負けた』と言っていまして、『戦ったこともないのに……』と思っていました(笑)」と述懐した。そして、「日本でもこういうものがつくれないかということで、オファーを受けました」と明言。“観る人を電脳化する”と銘打たれた本作の3Dだが、「衝撃を与えたい」という意向で、あえて現在のハリウッドの主流である“奥行き”を描くタイプではなく、“飛び出す”3Dを重視。監督は劇場の真ん中あたりの通路を示しつつ「そのあたりまで飛び出ると思います」と不敵な笑みを浮かべていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi