藤原竜也、渾身ドラマに自信あり「代表作になった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月24日 > 藤原竜也、渾身ドラマに自信あり「代表作になった」
メニュー

藤原竜也、渾身ドラマに自信あり「代表作になった」

2011年2月24日 14:43

藤原竜也、渾身ドラマに自信あり

藤原竜也、渾身ドラマに自信あり
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビ朝日系のスペシャルドラマ「遺恨あり 明治十三年 最後の仇討」(2月26日午後9時)の発表会見が2月23日、都内の同局で行われた。記録上最後とされる仇討をした青年を描く感動作。主演・藤原竜也は、「これまであまりテレビドラマとは縁がなかったけれど、皆に薦められる代表作になった」と渾身(こんしん)のドラマに自信をのぞかせた。

明治維新で仇討が禁止されたばかりのころが舞台。幕末に両親を殺された青年・六郎(藤原)は、己の信念を曲げずに仇討を成し遂げ裁判にかけられる。激変する社会に翻弄(ほんろう)された青年の物語は、日本人として生きる意味を問いかける。

藤原は、心身ともに六郎になりきった。仇役を演じた小澤征悦は「撮影中、背中に視線を感じて振り返ると(藤原)竜也がにらんでいた」と苦笑い。判事役の吉岡秀隆は、「(演技中)藤原くんの透き通った目に日本人の大切な心が見えた気がした」。剣の師匠役、北大路欣也は「道場の場面は彼(藤原)の“波動”を感じて思わず本気で(竹刀を)打ち込んでしまった」と話した。

もし自分が実際に役どころの立場だったら? と聞かれた藤原は、「非常に難しい……。でも(仇討をする)理解はできるし、近い感情はある」。一方、小澤は「警察に行って助けを求めます」と笑わせた。この日はちょうど北大路の68歳の誕生日で、大先輩を藤原ら後輩3人が祝福した。松下奈緒が六郎の妻役で共演する。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi