藤原竜也、1000万円の札束を手に「気持ちいい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月7日 > 藤原竜也、1000万円の札束を手に「気持ちいい」
メニュー

藤原竜也、1000万円の札束を手に「気持ちいい」

2010年10月7日 20:13

ホリプロ所属の主演級俳優が勢ぞろい「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」

ホリプロ所属の主演級俳優が勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「リング」シリーズを手がける中田秀夫監督が、米澤穂信のベストセラー小説を映画化した「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の完成披露試写会が10月7日、東京・新宿ピカデリーで行われた。中田監督をはじめ、主演の藤原竜也綾瀬はるか石原さとみ阿部力武田真治片平なぎさ北大路欣也日村勇紀(声の出演)らが顔をそろえた。

「時給11万2000円で実働7日間」という求人広告につられて集まった男女10人が、ナゾの施設内で生き残りをかけた心理ゲームに巻き込まれ、疑心暗鬼にかられていく密室サスペンス劇。

大手芸能事務所ホリプロの創業50周年を記念し、同社所属の主演級俳優が勢ぞろい。この日は複数の警備員が見守るなか、会場にゲームの勝者が手にできるという約1億6000万円が運び込まれ、藤原も1000万円の札束を手にしながら「気持ちいいですね」と不敵な笑みを浮かべた。

その藤原は、「次のカットに行くまで数時間かかることも。気持ちのキープを強く意識しました。欣也さんもいらしているということで、自然と現場は引き締まりましたね」と述懐。一方の北大路は、「共演者の皆さんがとても魅力的。毎日会うのが楽しみでしたし、いろいろなお話をさせていただき、素敵なものをもらった。私は藤原くんの後をくっついて、ウロウロしているだけでした」と後輩との共演を楽しんだ様子だ。

また綾瀬は、現場での中田監督を「パワーの源で、いつもエネルギーをもらっていた。ワンカット、ワンカットの状況や“におい”を想像させてくれる演出だった」。中田監督は「虚構性の高い設定だが、ひとりひとりのキャラククターはリアルで(観客の)心に届くものにしようと、俳優さんとはかなり細かい部分まで詰めていった。もしかしたら『もう、わかったよ……』と思った俳優さんもいたかも」と恐縮しながら振り返っていた。

インシテミル 7日間のデス・ゲーム」は、10月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi