石原さとみ、アニメ映画「鬼神伝」で“鬼”役 中村獅童と対決 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月14日 > 石原さとみ、アニメ映画「鬼神伝」で“鬼”役 中村獅童と対決
メニュー

石原さとみ、アニメ映画「鬼神伝」で“鬼”役 中村獅童と対決

2011年2月14日 15:59

石原さとみが鬼の子の少女・水葉役を演じる映画の一場面「鬼神伝」

石原さとみが鬼の子の少女・水葉役を演じる映画の一場面
(C)高田崇史/講談社・鬼神伝製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の石原さとみが、劇場版アニメ「鬼神伝(おにがみでん)」(川崎博嗣監督)に声優として出演し、平安の都で“鬼”と呼ばれる民の少女・水葉役を担当することになった。また、“鬼”と戦いを繰り広げる貴族の僧侶・源雲役で中村獅童が特別出演する。

石原は、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のハリウッドアニメ「モンスター・ハウス」で吹き替えを経験。中村獅童も「あらしのよるに」「DEATH NOTE」など、声優の経験は豊富で、“鬼”対“人”の戦いという2人の演技対決が見ものだ。主人公の天童純役は、「ハリーポッター」シリーズの日本語吹き替え版で1作目からハリーの吹き替えを担当している小野賢章が務める。

鬼神伝」は、高田崇史の同名小説が原作。父親を事故で亡くし、母と2人で京都に住む中学生・天童純が、学校帰りに突然現れたナゾの魔物に追いかけられ、迷い込んだ古寺で時空を超え平安の都に連れて行かれてしまう。そこで、さまざまな妖術を使い都の安寧を脅かす“鬼”と呼ばれる者たちの話を貴族から聞かされた純は、民と鬼との戦いに終止符をうつ伝説の選ばれし救いの御子として、大決戦の日を迎える……という物語。

音楽担当は宇崎竜童。オロチ(龍)のコンセプトデザインに大友克洋が参加している。「鬼神伝」は4月29日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi