幻の未公開作「ブラック・サンデー」に樋口、犬童監督ら興奮 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月26日 > 幻の未公開作「ブラック・サンデー」に樋口、犬童監督ら興奮
メニュー

幻の未公開作「ブラック・サンデー」に樋口、犬童監督ら興奮

2011年1月26日 17:34

これは是が非でもスクリーンで見ておきたい!「ブラック・サンデー」

これは是が非でもスクリーンで見ておきたい!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1977年に製作された“幻の”米映画「ブラック・サンデー」の特別披露試写会が1月25日、都内で行われ、出席した樋口真嗣監督、犬童一心監督、渡辺一志監督らが口をそろえて絶賛した。

ジョン・フランケンハイマー監督、ロバート・ショウ主演の同作は、77年夏に劇場公開される予定だったが、「上映すれば映画館を爆破する」と脅迫があったために公開中止となった幻の衝撃作だ。ショウ扮するカバコフ少佐率いる特殊部隊が、ベイルートにある地下組織を襲撃し成功を収めるが、“恐るべき計画”を発見。ヨーロッパ大陸からアメリカ大陸へと次々に舞台を移し、カバコフ少佐と組織側の行きづまる対決を描く。

映画文化協会主催の「第二回午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」で、新たに選ばれた50作品「Series2/青の50本」の目玉作品として上映される。この日は、マスコミ関係者や映画関係者が詰め掛ける盛況ぶり。樋口監督は、「とにかく面白かった。たまんないです」と興奮冷めやらぬ様子だ。そして、「やっぱりこの映画はビデオで見ちゃいけないですよ。(スティーブン・)スピルバーグは、この映画を意識して『ミュンヘン』をつくっているのかとか、そういう見方もできる」と劇場での鑑賞を提言した。

原作を読破し、ビデオで3回ほど見ているという犬童監督は、「70年代、フランケンハイマーの作品のなかで一番好きな映画。スクリーンで見るのが一番この映画を堪能できると思います」。渡辺監督は、「『午前十時の映画祭』をミドル世代に占領させておくのはもったいない。ランチ1食分(500円)で、こんなにぜい沢な時間が満喫できるんだから、みんな学校サボって映画館に行こう!」と改めて銀幕の世界の魅力を訴えた。

 「第二回午前十時の映画祭」(http://asa10.eiga.com/2011/)は、2月5日から12年1月20日開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi