4時間38分「ヘヴンズストーリー」、ベルリン映画祭へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年1月13日 > 4時間38分「ヘヴンズストーリー」、ベルリン映画祭へ
メニュー

4時間38分「ヘヴンズストーリー」、ベルリン映画祭へ

2011年1月13日 06:39

ベルリン国際映画祭でいざ勝負!「ヘヴンズストーリー」

ベルリン国際映画祭でいざ勝負!
(C)2010ヘヴンズ プロジェクト
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 瀬々敬久監督が手がけた4時間38分の群像劇「ヘヴンズストーリー」が、2月10日に開幕する第61回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に正式出品されることが決まった。

同作は、家族を殺された幼い娘、妻子を殺された若い夫、ひとり息子を育てながら復しゅう代行を副業にする警官などを中心に、20人以上に登場人物が、複数の殺人事件をきっかけにつながっていく11年間の様子を全9章で描き切る。

ベルリン国際映画祭は、日本映画との相性の良さで知られている。昨年はコンペティション部門に出品された「キャタピラー」で、ヒロインを演じた寺島しのぶが最優秀女優賞を戴冠。第59回では、「ヘヴンズストーリー」と同じフォーラム部門に出品した園子温監督作「愛のむきだし」が、国際批評家連盟賞とカリガリ賞をダブル受賞している。

愛のむきだし」は上映時間237分という長尺で話題を呼んだが、今作はさらに41分も長い278分。ベルリンの観客に、どのように受け止められるのかにも注目が集まる。

ヘヴンズストーリー」は、1月29日に東京・新宿のK’s cinemaで東京凱旋公開が決定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi