園子温監督「愛のむきだし」がベルリン国際映画祭でW受賞! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年2月16日 > 園子温監督「愛のむきだし」がベルリン国際映画祭でW受賞!
メニュー

園子温監督「愛のむきだし」がベルリン国際映画祭でW受賞!

2009年2月16日 12:00

ベルリン映画祭のお墨付きをもらって、満面の笑み「愛のむきだし」

ベルリン映画祭のお墨付きをもらって、満面の笑み
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・園子温(そのしおん)監督の最新作「愛のむきだし」が、第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門でカリガリ賞と国際批評家連盟賞をダブル受賞。2月15日、東京・渋谷のユーロスペースでの同作上映後に行われたティーチインで、園監督が受賞の喜びを語った。

愛のむきだし」は、クリスチャンの家庭で育った青年(西島隆弘)を主人公に、新興宗教や盗撮、暴力といった問題を織り交ぜつつ、“究極の純愛”を描いた作品。今回受賞した両賞は、前衛的な作品の集まるフォーラム部門に出品された31カ国48作品の中から選ばれたもので、映画祭の外部団体が運営する由緒ある賞。“カリガリ賞”(1920年製作の“ドイツ表現主義”の代表作「カリガリ博士」が由来)は斬新な手法で意欲的なテーマを描いた作品に贈られる賞、“国際批評家連盟賞”は特に権威あるものとして知られる賞だ。

現地での上映にも参加した園監督は、「キリスト教の問題がヨーロッパでどう受け止められるか心配だったけど、(上映後の観客から)拍手で歓迎されて安心しました」と振り返ったが、賞を獲得する自信は「まったくなかった」そうで、「(ベルリンの)観客がエンターテインメントとして楽しんでくれたので満足でした」と、受賞よりも海外で素直に受け入れられたことに満足げだった。


画像2

読むだけでも大変そうな脚本
[拡大画像]

同作は、約4時間におよぶ長編ということでも話題を呼んでいるが、当初はなんと6時間もあったという。園監督は「脚本がタウンページと呼ばれてました(笑)。タイトにまとめて6時間だったので、普通の映画なら残るだろう良いシーンもカットせざるを得なかった」と、あくまでも物語に必要な4時間であることを強調した。

また会場には、満島ひかり安藤サクラらキャスト陣も祝福に駆けつけ、ヒロイン役を体当たりで演じた満島は「素敵な賞をダブル受賞したということでうれしくて劇場に来たら、みんなも来てました(笑)」と満面の笑顔で喜びをあらわにした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi