キャタピラー
ホーム > 作品情報 > 映画「キャタピラー」
メニュー

キャタピラー

劇場公開日

解説

第2次世界大戦中の日本。シゲ子の夫・久蔵にも赤紙が届き、勇ましく戦場へと向かったが、戦争から戻った久蔵の顔は無残にも焼けただれ、四肢を失っていた。村中から奇異の目で見られながらも、多くの勲章を得た久蔵は「生ける軍神」として崇められ、シゲ子は戸惑いながらも久蔵の尽きることのない食欲と性欲を埋めていく。やがて日本に敗戦の影が色濃く迫り、久蔵は自ら戦場で犯した悪行に苦しみ始める。第60回ベルリン国際映画祭で、寺島しのぶが最優秀女優賞を受賞した。

スタッフ

監督
プロデューサー
尾崎宗子
脚本
黒沢久子
出口出
撮影
辻智彦
戸田義久
編集
掛須秀一

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 若松プロダクション、スコーレ
上映時間 84分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート
主演女優賞 寺島しのぶ

第60回 ベルリン国際映画祭(2010年)

ノミネート
銀熊賞(最優秀女優賞) 寺島しのぶ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

単なる反戦映画を超えた哀しくも酷い性愛のスペクタクル
キャタピラーの映画評論・批評

これは、かつて軍国主義に陥ったこの国へ刃を向けつつも、ありきたりな反戦映画に終始することのない問題作だ。犠牲となった男女の哀しくも酷たらしい営みを通し、あの時代の総括を試みる過激でいびつな性愛のスペクタクルである。中国戦線へ出征し正義...キャタピラーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全19件)
  • 軍神さまは 戦争が終わり、ただの肉の塊となってしまう自分自身が怖かったのだ。 ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2016年5月26日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 軍国主義の末路 ネタバレ! 過去の日本男児は、手も足もない芋虫となって帰ってきました。 芋虫は軍神様と讃えられ、村人達はバケツリレーにひたすら精をだす。戦争により、人は、国は、ここまで滑稽に狂える。 そして、跡継ぎと勲章に... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2016年1月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人間関係の希薄さと濃密さ。 ネタバレ! すごいズッシリきた。久々。 寺島しのぶは、ヘルタースケルターを観たとき「ずいぶんどぎつい役やる女優さんだなぁ」と思って、以来なんとなく苦手だったけど、これを見たら迫真の演技すぎて、もう恐れ多くて... ...続きを読む

    Chisa Chisaさん  2015年7月8日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

キャタピラー キャタピラー キャタピラー
キャタピラー キャタピラー キャタピラー
2013年12月27日 2013年12月29日 2016年6月22日
¥324 ¥300 ¥300
青山シアター Google Play ShowTime

他のユーザーは「キャタピラー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi