マツコ・デラックス、おすぎ&ピーコの“口撃”にタジタジ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月15日 > マツコ・デラックス、おすぎ&ピーコの“口撃”にタジタジ
メニュー

マツコ・デラックス、おすぎ&ピーコの“口撃”にタジタジ

2010年12月15日 19:55

オカマがオカマのために作った映画「バーレスク」

オカマがオカマのために作った映画
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントでコラムニストのマツコ・デラックスが12月15日、「バーレスク」の公開記念イベントに出席し、おすぎとピーコとトークショーを行った。絢爛豪華な同作にふさわしいスリーショットの実現だが、先輩ふたりの“口撃”にマツコは「意地悪な双子でしょ」とタジタジだった。

米人気歌手クリスティーナ・アギレラが映画初出演を果たし、往年の歌姫シェールと共演した同作。歌手になる夢を追いかけてロサンゼルスにやって来たアリ(アギレラ)が、そのゴージャスさで名を馳せる「バーレスク・クラブ」で、圧倒的な歌唱力とダンスの才能を開花させ、スターダムにのし上がる姿を描く。第68回ゴールデングローブ賞では、作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主題歌賞の2部門でノミネートを果たしている。

マツコは「ずっと応援してくれていた」とピーコに最敬礼だったが、当のピーコは「もう応援していない。あなたはスターよ。私たちなんてダスター」と自虐的。さらにおすぎも、「マツコは今年の顔ですもん。私たち、三つ子のオカマが出てきたらおしまいだと思っていたけど、まさか(体重が)3倍のオカマが出てくるなんて」と口撃を緩めなかった。

毒舌を封印された形のマツコだが、「映画界とファッション界の仕事は断っている。おふたりが亡くなる日までは、その場(専門分野)は汚さない」。ゲイを公言しているスティーブン・アンティン監督がメガホンをとった同作を「オカマがオカマのために作った映画としか思えない」と絶賛していた。

バーレスク」は、12月18日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi