東宝2011年は「外交官・黒田康作」「カイジ2」など磐石の布陣 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月15日 > 東宝2011年は「外交官・黒田康作」「カイジ2」など磐石の布陣
メニュー

東宝2011年は「外交官・黒田康作」「カイジ2」など磐石の布陣

2010年12月15日 19:42

織田裕二の主演最新作「映画版外交官・黒田康作(仮題)」「コクリコ坂から」

織田裕二の主演最新作「映画版外交官・黒田康作(仮題)」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 邦画配給大手の東宝は12月15日、東京・有楽町の同社で2011年度のラインナップ発表会を行った。「AKB48」の前田敦子が初主演を務める「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」やスタジオジブリの最新作「コクリコ坂から」のほか、織田裕二の主演最新作「映画版外交官・黒田康作(仮題)」や大ヒット作の映画化第2弾「カイジ2(仮)」など磐石の布陣となった。

この日、製作が明かされたのは「コクリコ坂から」「映画版 外交官・黒田康作(仮題)」「カイジ2(仮)」。「コクリコ坂から」は、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗監督が「ゲド戦記」以来5年ぶりにメガホンをとる。「映画版 外交官・黒田康作(仮題)は、織田主演で大きな話題となった「アマルフィ 女神の報酬」の続編。今回は、イタリアから情熱の国スペインへと舞台を移す。藤原竜也主演の「カイジ2(仮)」は、前作公開時に続編製作が明かされており、今回の発表はファンにとって吉報だ。


画像2

(C)2011「カイジ2」製作委員会
[拡大画像]

アニメも「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」「名探偵コナン 沈黙の15分」「劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ ビクティニと黒き英雄」「劇場版NARUTO-ナルト-2011(仮)」と人気作が顔をそろえ、合計31作品は質・量ともに圧倒的なラインナップ。2010年度は他の追随を許さない興行展開をみせた東宝だけに、来年度も隙のない顔ぶれといえる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi