ラッセル・クロウ、「ロビン・フッド」続編製作を示唆? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月25日 > ラッセル・クロウ、「ロビン・フッド」続編製作を示唆?
メニュー

ラッセル・クロウ、「ロビン・フッド」続編製作を示唆?

2010年11月25日 20:32

「ロビン・フッド2」の製作を示唆「ロビン・フッド」

「ロビン・フッド2」の製作を示唆
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演作「ロビン・フッド」PRのため来日中のラッセル・クロウが11月25日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたジャパンプレミアに、共演者のケビン・デュランドとともに出席。同劇場で初めて実施されるクリスマスイルミネーションの点灯を行った。

上映前の舞台挨拶に立ったラッセルは「東京はすばらしい場所。今度は家族と来たいね」とご機嫌。同作の世界プロモーションは日本で幕を閉じることになっており「この作品には4年もの歳月を費やしたから、一抹のさみしさも感じるよ。もちろん今は、日本の皆さんに見てほしいという気持ちでいっぱい。いつか第2章を引っさげ、またお披露目をしたいね」と続編製作を示唆し、客席は拍手喝さいだった。また、デュランドは撮影最終日を「ラッセルは本当に悲しそうな表情だったよ」と述懐した。

今回、ライトアップされるのは映画館入口2Fのポスターケース付近と3Fメインロビーで、ガラス張りの壁画を最大活用。ライトアップされた複数のミニツリーとガーランドに装飾された柱がクリスマスを演出する。さらに正面エントランスを入ると、高さ3メートルのクリスマスツリーも設置される。

同作はアカデミー賞受賞作「グラディエーター」の名コンビ、クロウとリドリー・スコット監督が5度目のタッグを組んだ歴史スペクタクル。中世イギリスの義賊ロビン・フッドの伝説を壮大なスケールで映像化した。ケイト・ブランシェットウィリアム・ハートらオスカー俳優が共演する。

ロビン・フッド」は12月10日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi