ラッセル・クロウ、「ロビン・フッド」撮影は「グラディエーター」より怖かった!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月4日 > ラッセル・クロウ、「ロビン・フッド」撮影は「グラディエーター」より怖かった!?
メニュー

ラッセル・クロウ、「ロビン・フッド」撮影は「グラディエーター」より怖かった!?

2010年3月4日 11:27

「グラディエーター」を超えるド迫力「ロビン・フッド」

「グラディエーター」を超えるド迫力
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督の新作「ロビン・フッド」に主演したラッセル・クロウが、同作の過酷な撮影を振り返り、「グラディエーター」より辛かったとこぼした。クロウは、スコット監督のスペクタクル活劇「グラディエーター」(00)で大ローマ帝国の英雄マキシマスを演じ、アカデミー主演男優賞を受賞している。

新作「ロビン・フッド」では、主人公のロビン・フッド役をクロウが演じ、ノッティンガムの代官役にマシュー・マクファディン、フッドの恋人メイド・マリアン役にケイト・ブランシェットが扮している。

英フィメール・ファーストによると、撮影現場についてクロウは「怖かった。戦闘シーンで15人が運び出されたこともあった。1人は槍で目を突かれていたし、もう1人は馬から落ちて腕と脚を骨折していた。混乱した危険な状態で、まさにクレイジーだったよ」と、壮絶な舞台裏を明かした。「大規模な撮影で、600人の男性たちが130頭の馬を全速力で疾走させていた」とのことで、迫力満点のダイナミックなシーンが期待される。またクロウは、本作のために習得したアーチェリーに魅せられたようで、「弓から矢が放たれる瞬間が大好きだ」と語った。

ロビン・フッド」は今秋、日本公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi