タランティーノ監督が私情を優先?ベネチア映画祭の受賞結果に波紋 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年9月14日 > タランティーノ監督が私情を優先?ベネチア映画祭の受賞結果に波紋
メニュー

タランティーノ監督が私情を優先?ベネチア映画祭の受賞結果に波紋

2010年9月14日 11:31

公平に審査したと反論「レザボア・ドッグス」

公平に審査したと反論
写真:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クエンティン・タランティーノ監督が審査委員長を務めた第67回ベネチア国際映画祭の受賞結果が、思わぬ波紋を呼んでいる。米ハリウッド・レポーター誌によれば、主要な賞がタランティーノ監督の個人的に親しい人々に渡ったことをイタリアのジャーナリストらが指摘し、問題視しているというのだ。

「Somewhere(原題)」で最高賞である金獅子賞に選ばれたソフィア・コッポラ監督は、タランティーノ監督の元恋人。また、「A Sad Trumpet Ballad(原題)」で監督賞とオゼッラ脚本賞の2冠を獲得したアレックス・デ・ラ・イグレシア監督はタランティーノ監督の長年の友人であり、「Road to Nowhere(原題)」で特別獅子賞を受賞したモンテ・へルマン監督は、師匠とも言える存在だ。

イタリアの大手新聞コリエレ・デラ・セラの映画批評家は、タランティーノ監督がリスクを冒して私情を優先したと報道。これに対し、タランティーノ監督は不正は一切なく、金獅子賞の投票は満場一致でコッポラだったと反論した。多くの批評家に酷評されながらも2つの賞に輝いたデ・ラ・イグレシア監督は、純粋に監督としての技量を評価した結果だと強調。そして、へルマン監督については「1992年に、『レザボア・ドッグス』でサンダンス映画祭に参加したときに、彼(ヘルマン監督)と話をしたことを覚えている。当時、審査員のなかには僕の友人がいたが、彼は審査員の友人は僕にとっていちばんの敵だと言った。友人に賞を与えるなんてとても恥ずかしいことだから」というエピソードを明かし、自身の判定の潔白を主張した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi