役所広司「やったー!」松ケン「光栄」 ベネチア出品に喜びの声 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月30日 > 役所広司「やったー!」松ケン「光栄」 ベネチア出品に喜びの声
メニュー

役所広司「やったー!」松ケン「光栄」 ベネチア出品に喜びの声

2010年7月30日 05:12

伊ベネチアの地を日本映画が席巻するか!?「ノルウェイの森」

伊ベネチアの地を日本映画が席巻するか!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第67回ベネチア国際映画祭(9月1~11日)のコンペティション部門に正式出品されることが決まった「十三人の刺客」「ノルウェイの森」のスタッフ、キャストからの喜びの声を、配給元の東宝が発表した。

十三人の刺客」の三池崇史監督は、「やったね。ベニスをサムライの血で染めてあげましょう」とコメントを発表。役所は、出品決定を聞いたときのことを「『やったー!』と。ベネチアのお客さんに日本の時代劇を楽しんでもらうことが一番ですね」と話す。初号上映後の異常な盛り上がりを振り返り、「ベネチアの映画祭会場でも見られるのではないかと期待しています。日本映画のお家芸である時代劇が海外で評価されるのは本当にうれしいことです」と喜びをかみしめた。

一方、「ノルウェイの森」のメガホンをとったトラン・アン・ユン監督は、「シクロ」でグランプリを獲得した1995年の第52回映画祭で、「幻の光」を出品し金のオゼッラ賞に輝いた是枝裕和監督と知り合った際の思い出に浸った。後にオランダ・ロッテルダムで再会したそうで、「そこで橋口亮輔監督と知り合うことになりました。そのとき、3人で語り明かしたことが今でも素晴らしい思い出です」と振り返る。

会話の中心は日本の文学作品についてだったそうで、「私は『ノルウェイの森』、2人は「69 sixty nine」と『限りなく透明に近いブルー』の話をしました。まさか、数年後に日本映画を出品するためにベネチアの地に戻り、その作品が『ノルウェイの森』になろうとは思ってもみませんでした!」と興奮気味。松山は、「光栄なことです。ひと足早く海外の方に見てもらうのですが、どんな反応を示すのか興味津々です。きっと素晴らしい経験になると思います」と上映が待ち切れない様子だ。

十三人の刺客」は9月25日から、「ノルウェイの森」は12月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi