黒沢かずこ、5回までOKのキスシーンを存分に堪能 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月1日 > 黒沢かずこ、5回までOKのキスシーンを存分に堪能
メニュー

黒沢かずこ、5回までOKのキスシーンを存分に堪能

2010年8月1日 21:31

まさか自分が主演なんて……「クロサワ映画」

まさか自分が主演なんて……
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第2回沖縄国際映画祭の長編プログラム「Laugh部門」でグランプリ&審査員特別賞をダブル受賞した「クロサワ映画」が、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで開催中の「Laugh&Peace ムービーフェスタ」で公開。主演を務めた「森三中」の黒沢かずこと共演の椿鬼奴、メガホンをとった渡辺琢監督が舞台挨拶に立った。

女性お笑いトリオ「森三中」のメンバーのなかで、ただひとり未婚の黒沢(本人役)が、パーティでイケメン俳優と意気投合。親交を深めるが、やがて「恋を取るか、芸を取るか」という女芸人ならではの葛藤(かっとう)にぶち当たる。フジテレビのバラエティチームと吉本興業のタッグを組んだ作品で、光浦靖子大久保佳代子も出演している。

黒沢は小泉今日子主演作「グーグーだって猫である」に出演しているが、映画で主演を務めるのは初めてで「まさか自分が主演なんて。長い時間、画面に映ったことがないので信じられなかった」。渡辺監督は、「(森三中の)大島美幸村上和子が結婚して幸せの絶頂期にいるなか、ただひとりどん底にいた大島が、実は一番美しいなと思って」と抜てきの理由を説明。劇中のキスシーンは、5回までNGを出していいという条件で「このチャンスをフルに活用していただいた」と話し、黒沢も「本当にありがたかった」と満喫した様子だ。

鬼奴は、「どのシーンでもタバコを吸っています。今の嫌煙日本の状況とは正反対」。気持ちが入らないことを理由に、劇中で飲むビールをすべて本物に変更してもらったことを吐露した。渡辺監督は、「おふたりをはじめ、光浦さん、大久保さんも女芸人。一発勝負の世界で活躍している方々なので、二度と同じお芝居はできない。だいたいワンテイクでOKだった」と称えていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi