「涼宮ハルヒ」「らき☆すた」のヤマカンが再びダンスに挑んだ理由 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年6月29日 > 「涼宮ハルヒ」「らき☆すた」のヤマカンが再びダンスに挑んだ理由
メニュー

「涼宮ハルヒ」「らき☆すた」のヤマカンが再びダンスに挑んだ理由

2010年6月29日 20:36

ヤマカン印のダンスシーンに注目「私の優しくない先輩」

ヤマカン印のダンスシーンに注目
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 川島海荷とお笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲が主演する「私の優しくない先輩」の試写会が6月29日、東京・秋葉原UDXシアターで行われ、出演の児玉絹世山本寛監督が舞台挨拶に立った。

同作は、妄想が趣味の女子高生・イリオモテヤマコ(川島)が、あこがれの南先輩(入江甚儀)に宛てたラブレターを、キモくてウザい不破先輩(金田)に見られたことから起こる騒動を描いた青春恋愛劇。児玉はヤマコの根暗な同級生・喜久子を演じている。

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「かんなぎ」といった人気アニメを手がけ、「ヤマカン」の通称で親しまれる山本監督は、今回が実写初挑戦。過去の代表作では毎回ダンスシーンを取り入れており、今回も川島演じるヤマコが歌う広末涼子のカバー曲「MajiでKoiする5秒前」にのせたダンスシーンが登場する。この日は児玉が、AKB48などのダンスで知られる振付師・夏まゆみの振り付けによるダンスパフォーマンスを披露し、観客を沸かせていた。

山本監督は、「仕事をなんでもいいからくださいと(製作の)アスミック・エースに営業をかけたら、脚本が送られてきて、喜んで引き受けたら実写だった。本業はアニメだとは思っているけど、学生時代に舞台も含めてひと通りやったし、実写、アニメの線引きはあまりしていない。演出家の仕事は変わらない」と実写に挑んだ経緯を説明。しかし、児玉が「実写なんだけど、キャラクターとかにアニメっぽさがある」と話すと、山本監督は「アニメ監督がよくやる失敗ね。僕もやっちゃったのかなあ」とぼやいて笑わせた。

ダンスシーンはワンカットの長回しで撮影。山本監督は「ダンスはもう『かんなぎ』で終わりにしたつもりだったんだけど、プロデューサーがうるさいから入れた。その代わり、撮影は長回しで、振り付けには夏先生をという条件を出した。無茶ぶりだと思っていたら、本当に両方とも用意されたのでやった」と裏話を暴露。そして、「6テイク回して、一番勢いのある1テイク目を使った」と話した。

私の優しくない先輩」は7月17日より全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi