第67回ベネチア国際映画祭審査員長にタランティーノ監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月7日 > 第67回ベネチア国際映画祭審査員長にタランティーノ監督
メニュー

第67回ベネチア国際映画祭審査員長にタランティーノ監督

2010年5月7日 19:28

カンヌに続いて ベネチアの審査委員長に「SOMEWHERE」

カンヌに続いて
ベネチアの審査委員長に
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第67回ベネチア国際映画祭(9月1~11日)の審査委員長を、クエンティン・タランティーノ監督が務めることが決定した。

同映画祭にタランティーノ監督の作品が出品されたことはないが、イタリア映画マニアを自認。2004年には、イタリア製B級映画、07年にはスパゲッティ(マカロニ)・ウェスタン映画の特集上映を企画した経緯がある。タランティーノ監督が世界三大映画祭で審査委員長を務めるのは、04年のカンヌ国際映画祭に続き2度目となる。

現時点で、同映画祭の最高賞にあたる金獅子賞を争うコンペティション部門への出品が予想される作品には、ソフィア・コッポラ監督作「Somewhere」、ジュリアン・シュナーベル監督作「Miral」、フランソワ・オゾン監督作「Potiche」などが挙げられている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi