「アリス・イン・ワンダーランド」初日興収7億で「アバター」超え : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月17日 > 「アリス・イン・ワンダーランド」初日興収7億で「アバター」超え
メニュー

「アリス・イン・ワンダーランド」初日興収7億で「アバター」超え

2010年4月17日 21:19

2010年最大のヒット作となる可能性も「アバター(2009)」

2010年最大のヒット作となる可能性も
(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組んだ最新作「アリス・イン・ワンダーランド」が4月17日、全国877スクリーン(3Dが454スクリーン、2Dが423スクリーン)で公開された。配給のウォルト・ディズニーによれば、公開初日の興行収入は約7億円となる見込み。これは、昨年12月23日に全国831スクリーン(3Dが373スクリーン、2Dが458スクリーン)で公開し、興収3億7000万円を記録した「アバター」対比で200%という、大ヒットを確実なものとする数字を弾き出した。

メイン館となる東京・丸の内ルーブルをはじめ、主要都市の劇場はインターネット予約の完売が続出するほどの売れ行き。オープニング2日間では、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(793スクリーン、最終興収109億円)の9億9200万円、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」(882スクリーン、最終興収100億円)の14億7400万円に迫る勢いを見せている。

アバター」が記録した興収150億円越えを確実視する声もあるが、公開初日の数字だけで判断するのは時期尚早。ゴールデンウィーク興行を経て、どれだけ息の長い興行展開を続けられるかで“大台”は見えてくる。ただし、若年層だけでなくカップルや親子連れ、中高年層まで幅広い観客層を取り込めたことで、同作にとって大きな活力となることは間違いない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi