亀田兄弟、初のオールナイトニッポン冠番組で映画「アリス」をPR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月2日 > 亀田兄弟、初のオールナイトニッポン冠番組で映画「アリス」をPR
メニュー

亀田兄弟、初のオールナイトニッポン冠番組で映画「アリス」をPR

2010年4月2日 07:00

浪速の闘拳が繰り出すトークはどないなもんや?「アリス・イン・ワンダーランド」

浪速の闘拳が繰り出すトークはどないなもんや?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] プロボクサーの亀田興毅、大毅兄弟が、初めてラジオの冠番組を担当したことが分かった。2人が応援団を務めている映画「アリス・イン・ワンダーランド」のプロモーションの一環で、「亀田兄弟のオールナイトニッポン」として4月2日の深夜1時(25時)からニッポン放送全国36局ネットで放送される。

アリス・イン・ワンダーランド」は、ジョニー・デップティム・バートン監督が7度目のコンビを組んだ最新作。ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」をベースに、19歳に成長したアリスが、地下世界を独裁者の赤の女王から解放するため戦う姿を描くファンタジーアドベンチャーで、亀田兄弟は「戦うアリスの応援団」として2月に英ロンドンで行われたワールドプレミアに参加し、3月のジャパンプレミアにも大毅と三男の和毅が招待された。

生放送で行われるオールナイトニッポンだが、今回は特別に事前に収録。興毅は収録前、初の冠番組に「初めてのことやから緊張する。ラジオは顔が見えへんからしゃべるのが難しいし、苦戦すると思う。でもすごく光栄なこと」と誇らしげ。大毅も、「素直にうれしいです」と話したが、やや緊張気味。しかし、いざ収録が始まればテンションも上がり「亀田兄弟のオールナイトニッポン!」とタイトルコールもきれいに決めてみせると、その後も息のあった関西弁トークを展開して盛り上げた。

興毅は、先月27日に行われたWBC世界フライ級統一王座戦で暫定王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに判定負けし防衛に失敗。初の敗北を喫したことが大きな話題となったが、今回の収録が行われたのは31日。試合後の初仕事とあって右目に眼帯をした痛々しい姿ながらも、番組の中で「勝負やし、勝つことも負けることもある」と試合を振り返っていた。

アリス・イン・ワンダーランド」はウォルト・ディズニー配給で4月17日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi