mihimaru GTのhiroko「下ネタが好き」で、しんちゃん大照れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月11日 > mihimaru GTのhiroko「下ネタが好き」で、しんちゃん大照れ
メニュー

mihimaru GTのhiroko「下ネタが好き」で、しんちゃん大照れ

2010年4月11日 16:56

きれいなお姉さんに褒められて、しんちゃんデレデレ「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」

きれいなお姉さんに褒められて、しんちゃんデレデレ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気テレビアニメの劇場版第18作「映画クレヨンしんちゃん/超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」の完成披露試写会が4月11日、東京・虎ノ門のニッショーホールで行われ、人気ユニット「mihimaru GT」が主題歌「オメデトウ」を披露した。

原作者の臼井儀人さんが昨年9月に登山中の事故で急死してから初の劇場版で、未来の東京・ネオトキオを舞台に、結婚目前にしてピンチに立たされた未来の自分を救うべく、現代からタイムスリップした5歳のしんのすけが大冒険を繰り広げる。mihimaru GTのボーカルを務めるhirokoは、「しんちゃんの下ネタが好きだし、優しくで勇敢なところも大好き」。普段からきれいなお姉さんに目がないしんのすけは、hirokoの“好き”発言に大照れだった。

しんのすけの結婚をテーマに作られた主題歌について、hirokoは「おめでとうという言葉には、新しい一歩を踏み出すパワーがある」と語り、楽曲を手がけるmiyakeは「おめでとうと言えるのは、妥協や挫折、つらい涙が裏側にあってこそ。勲章の意味合いもあるし、大切にした言葉」と曲への思いを話した。

舞台挨拶にはしんのすけ役の声優・矢島晶子も登壇し「いつもは色気につられるしんのすけが、今回は未来のチョコビ(劇中に登場するスナック菓子)目当てでタイムスリップする。食い気につられるところがいつもと違います」とアピールしていた。

映画クレヨンしんちゃん/超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」は東宝配給で、4月17日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi