「SR サイタマノラッパー」異例4度目のリバイバル上映も大盛況 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月11日 > 「SR サイタマノラッパー」異例4度目のリバイバル上映も大盛況
メニュー

「SR サイタマノラッパー」異例4度目のリバイバル上映も大盛況

2010年4月11日 16:47

異例のロングラン&リバイバルに感無量「SR サイタマノラッパー」

異例のロングラン&リバイバルに感無量
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第50回日本映画監督協会新人賞を受賞した入江悠監督の「SR サイタマノラッパー」が4度目のリバイバル上映を行うことになり4月10日、東京・新宿バルト9で入江監督をはじめ、俳優の駒木根隆介らが演じる劇中のヒップホップユニット「SHO-GUNG」、ヒロイン役のみひろが舞台挨拶に立った。

埼玉県の田舎町を舞台に、ラッパーを目指すサエない若者たちを描いた同作は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2009でグランプリを受賞後、小規模ながら劇場公開されると口コミで人気が広がり、ロングランヒットを記録。異例ともいえる4度目のリバイバル上映でも客足は衰えず、劇場側が急遽、上映回を1日1回から2回に増やす盛況ぶりだ。

入江監督は、初回満席となった場内に「4回もリバイバルされるなんて、作ってるときは予想もしていなかった。ただあまりに長く一緒に(作品と)走ってきたので、最近は息切れ気味(笑)」と感慨深げ。「これでSHO-GUNGも解散かな」と入江監督がこぼすと、駒木根は「僕たち、普通の男の子に戻ります……」とマイクを置く仕草で“引退”宣言。最後に入江監督は、「去年3月の公開以来、1年間駆け抜けることができたのは、応援していただいたお客様のおかげ。そして支えてくれたスタッフ、キャストにお礼が言いたい」と深々と頭を下げていた。

同作は5月28日にDVDが発売されるほか、6月には太田出版から入江監督が執筆した小説版も刊行。そして6月26日、今度は群馬を舞台に女子ラッパーの奮闘を描く続編「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」が公開される。

SR サイタマノラッパー」は4月16日まで新宿バルト9でリバイバル上映中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi