森本慎太郎「クレヨンしんちゃん」出演で“ダブルしんちゃん”実現 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月3日 > 森本慎太郎「クレヨンしんちゃん」出演で“ダブルしんちゃん”実現
メニュー

森本慎太郎「クレヨンしんちゃん」出演で“ダブルしんちゃん”実現

2009年12月3日 06:55

国民的アニメに出演決定「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」

国民的アニメに出演決定
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャニーズJr.の森本慎太郎が、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」に自らの映画初主演作「スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」で演じた原田草太として出演することが決まり12月1日、都内のスタジオでアフレコ風景をマスコミに公開した。

「スノープリンス」は、「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督、「おくりびと」の小山薫堂が脚本を担当。昭和11年の北国の村を舞台に、少年・草太(森本)が、愛犬のチビと絵描きになるという夢、そして幼なじみへの恋心を支えに、貧しいながらも懸命に生きる姿を描くドラマ。森本は、12月18日の「クレヨンしんちゃん」スペシャル番組「オラ泣いちゃうぞ!感動の映画スペシャル」内で放送される「スノープリンスだゾ」に、映画と同じ草太役で出演。突然、見ていたテレビに吸い込まれ、飼い犬のシロ(声:真柴摩利)とはぐれてしまった野原しんのすけ(声:矢島晶子)が、愛犬チビを連れてスケッチをしていた少年・草太(声:森本)にシロの似顔絵を描いてもらい、一緒にシロを探すという約4分間のショートエピソードだ。

この日、森本が披露したのは、しんのすけと草太の出会いのシーン。絵を褒められた草太が「描きたい人がいるんだ」とポツリとつぶやき、しんのすけに「それってもしかして好きな人~?」と、からかわれて顔を赤らめるという場面だ。森本は初挑戦となるアフレコに「最初は緊張した」そうだが、「しんちゃんの声やセリフが面白くて、緊張をやわらげてくれた。とてもやりやすかった」とニッコリ。「クレヨンしんちゃん」を毎週見ていて、自らも幼稚園の時に「しんちゃん」という愛称で呼ばれていたこともあり、“ダブルしんちゃん”の実現に「共演できてうれしいです」と顔をほころばせた。

「クレヨンしんちゃん」には、これまでも「ラブ★コン」で藤澤恵麻小池徹平、「銀幕版 スシ王子!」で堂本光一中丸雄一、「BALLAD/名もなき恋のうた」で草なぎ剛新垣結衣など、多くの俳優やタレントゲスト出演した実績がある。さらに、草なぎが出演した際、「それほどでもぉ~」というしんのすけの名セリフを草なぎが真似たことが好評だったことから、今回もスタッフの提案で森本がしんのすけの物真似で同じセリフに挑戦したという。その物真似具合は、ムトウユージ監督によれば「もともとしんちゃんに年齢がより近いし、草なぎさんよりも上手だと思いますよ(笑)」とのことで、そちらも楽しみだ。

スノープリンス/禁じられた恋のメロディ」は松竹配給で、12月12日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi