立川らく朝、映画試写会で創作落語「幽霊将棋」披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月23日 > 立川らく朝、映画試写会で創作落語「幽霊将棋」披露
メニュー

立川らく朝、映画試写会で創作落語「幽霊将棋」披露

2010年2月23日 21:16

認知症予防には、好きなことに 打ち込むのも良いそう「やさしい嘘と贈り物」

認知症予防には、好きなことに
打ち込むのも良いそう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシティム・バートン作品に多く出演してきたアカデミー賞俳優マーティン・ランドーエレン・バースティン。この名優2人が夫婦役を演じ、認知症で過去を忘れてしまった夫を優しいウソで包み込む家族を描いた感動作「やさしい嘘と贈り物」のイベント試写会が2月23日、東京・スペース汐留FSで行われた。

作品のテーマでもある認知症の予防には、脳のホルモン分泌を促して活性化させる“笑い”と、脳細胞の活動を促す“映画”が効果的だそうで、医学博士でもある落語家の立川らく朝が出席した。

らく朝は、「どうして映画の試写会に登場してきて落語をやるのか、自分が一番面食らっています」と苦笑い。それでも、「認知症(という重いテーマ)を描いているが、失われることのない人間らしさを美しく訴えているいい映画です」とアピールに努めた。その後は、定年退職した将棋好きの男が、認知症に悩む幽霊と将棋をさすというユニークな内容の創作落語「幽霊将棋」を披露。笑わせつつも世相を風刺する巧みな話芸で、会場を沸かせた。

やさしい嘘と贈り物」は、3月27日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi