オーランド・ブルームが、ホートン・フートの遺作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月27日 > オーランド・ブルームが、ホートン・フートの遺作に出演
メニュー

オーランド・ブルームが、ホートン・フートの遺作に出演

2009年3月27日 12:00

パイレーツ風メイクでロックシンガーを熱演「アラバマ物語」

パイレーツ風メイクでロックシンガーを熱演
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アラバマ物語」(62)、「テンダー・マーシー」(83)でアカデミー賞を受賞し、今月4日に92歳で亡くなった劇作家・脚本家のホートン・フートの遺作を映画化する「メイン・ストリート(Main Street)」に、オーランド・ブルームが出演することになりそうだ。

米ハリウッド・レポーター誌によると、ブルームは出演に向けてプロデューサー陣と最終交渉中で、その他にアンドリュー・マッカーシーエレン・バースティンパトリシア・クラークソンコリン・ファースらが出演する。主人公の少女役の女優は現在キャスティング中とのこと。

同作は、米ノースカロライナ州の田舎町に住む人々の生活が、ある訪問者の登場によりかき乱されていくという物語で、ブルームは町の警察官を演じる予定。ミュージカル「スウィーニー・トッド」で06年トニー賞を受賞した英国人舞台監督ジョン・ドイルがメガホンを取り、4月よりノースカロライナ州のダーハムで撮影開始される。

ブルームの次回作は、俳優マーク・ラファロの監督デビュー作となるコメディ「シンパシー・フォー・デリシャス(Sympathy for Delicious)」で、ジェームズ・フランコが降板したロックバンドのリードシンガー役で出演している。ロサンゼルスの路上で暮らす貧乏DJが、病気を治癒する能力があることに気づき、その力とひきかえにバンドの成功を目指すというストーリーで、バンドのマネージャー役としてローラ・リニーが出演する。こちらは年内、全米公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi