ジョニー・デップ、キース・リチャーズのドキュメンタリーを監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月4日 > ジョニー・デップ、キース・リチャーズのドキュメンタリーを監督
メニュー

ジョニー・デップ、キース・リチャーズのドキュメンタリーを監督

2010年2月4日 20:58

デップにとっては13年ぶりのメガホン「ブレイブ」

デップにとっては13年ぶりのメガホン
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップが、世界最高のロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」のギタリスト、キース・リチャーズのドキュメンタリー映画で自らメガホンをとることになったようだ。

米The Playlistほか複数の欧米メディアが報じたところによれば、1月に盟友エミール・クストリッツァ監督が主催する映画祭のゲストとしてセルビアを訪れたデップが、地元紙の取材に対して、リチャーズのドキュメンタリーを製作予定であると明かしたという。

デップは、「僕も昔より少しは賢くなったし、前作から充分な時間が経過した。また監督をやってみてもいいと考えている。実は来週からキース・リチャーズのドキュメンタリーに着手する予定なんだ」と語っている。ここで言及している前作は、97年のデップの初監督映画「ブレイブ」のこと。同作は批評・興行ともにかんばしくない結果に終わっている。

また、1月31日には、ロサンゼルスでリチャーズを撮影するデップの姿がパパラッチされている。その場には、パティ・スミスノラ・ジョーンズの姿もあったという。なお、バンドとしてのドキュメンタリーはいくつか存在するが、リチャーズを単独で追った映像作品は今回が初めてになる。デップは、「キースが僕のカメラの前に立つことを承諾してくれたことに、とても感激している」と興奮を隠し切れない様子だ。

自身も俳優になる以前はギタリストだったデップは、リチャーズの大ファンとして知られる。主演作「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで演じているジャック・スパロウ船長は、リチャーズをイメージしてキャラクター作りをしたとも言われ、シリーズ3作目「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」(07)では、念願かなってリチャーズとの共演も果たしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi