ジョニー・デップ来日 映画は見ずとも「いい評判聞いてる」と自信 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月9日 > ジョニー・デップ来日 映画は見ずとも「いい評判聞いてる」と自信
メニュー

ジョニー・デップ来日 映画は見ずとも「いい評判聞いてる」と自信

2009年12月9日 15:26

独自の美学を貫くのはデップも同じ「パブリック・エネミーズ」

独自の美学を貫くのはデップも同じ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米人気俳優のジョニー・デップが、主演最新作「パブリック・エネミーズ」のプロモーションのため2年ぶり6度目の来日。12月9日、東京・六本木のグランドハイアット東京で会見した。

同作は、1930年代のアメリカで「社会の敵(パブリック・エネミー)ナンバーワン」とされながらも、独自の美学を貫く生きざまが庶民からもてはやされた、伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーの半生を描くドラマ。「コラテラル」「ヒート」のマイケル・マン監督最新作で、デリンジャーを追うFBI捜査官メルビン・パービス役で「ダークナイト」「ターミネーター4」のクリスチャン・ベール、デリンジャーが生涯愛した女ビリー役で「エディット・ピアフ/愛の讃歌」のオスカー女優マリオン・コティヤールが共演している注目作だ。

8日に来日した際は空港に1000人のファンが詰めかけ、会見場にも590人の報道陣が集まり、変わらぬ人気ぶりを証明したデップ。おなじみの帽子とサングラスというスタイルで登場し、「また呼んでくれてうれしい。2年は長かったね」と笑顔で挨拶。映画の見どころについては「難しいね。僕はいつも自分の映画を見ないから」としながらも、「でも、いい評判は聞いているよ」と静かに自信をのぞかせた。

また、演じたデリンジャーについては「彼とは生まれた場所も近いし、ワイルドで反抗的だった少年期が自分と似ていると思った。彼は少年のころに過ちを犯して犯罪の道に走ったけれど、僕も一歩間違っていたらそちらに行っていたかもしれない」と理解。さらに、「彼にはカリスマ性があり、意志が強く、妥協せずに自分をもっていたこと。銀行を襲っても決して人の命を傷つけず、自分のやり方を貫き通したところは尊敬している」と、その魅力について語った。撮影ではデリンジャーが脱獄した場所など、記録にある通りの場所でロケをしたそうで、「事件通りに再現し、演じていくことは貴重な経験になった。デリンジャーについては写真や資料は多く残っていても、あまり肉声や映画では残されていないから、僕なりのデリンジャー像をどう築けるかというのは、とても魅力だった」と充実した撮影に満足しているようだった。

パブリック・エネミーズ」は12月12日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi