銀杏・峯田、初日挨拶に気合のモヒカン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月30日 > 銀杏・峯田、初日挨拶に気合のモヒカン
メニュー

銀杏・峯田、初日挨拶に気合のモヒカン

2010年1月30日 16:45

寒くありませんから「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

寒くありませんから
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 花沢健吾の人気漫画を映画化した「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が1月31日に封切られ、主演の峯田和伸黒川芽以松田龍平三浦大輔監督らは、東京・シネセゾン渋谷で舞台挨拶を行った。

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で2005~08年まで連載されていた同名作が原作。単行本は全10巻で完結しているが、映画で描かれるのは5巻まで。玩具メーカー勤務で妄想癖のあるダメ男が、好意を抱いていた女子社員を妊娠させて捨てた他社のイケメン営業マンと決闘するまでを描く。

峯田は、撮影時と同じモヒカン姿で登場。「最近(髪が)長すぎたので、ちょっと切ろうと思って」と照れ笑い。初メガホンとなった三浦監督は、「漫画が十分面白いなかで、映画化する意味を考えました。そんなとき田西に負けない峯田君と出会って、そこから動き始めました」と振り返った。

ゆがんだヒロイン・ちはるを演じた黒川は、「私は男っぽい性格なので、現場では峯田さんにちょっかいを出していました」。一方の峯田は、「僕は自分のことで精一杯だったので……。ただ、黒川さんは本当に一生懸命やってくれて、感謝しています」と話していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi