峯田和伸「押尾学のスピリット持っていたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月26日 > 峯田和伸「押尾学のスピリット持っていたい」
メニュー

峯田和伸「押尾学のスピリット持っていたい」

2010年1月26日 11:42

不器用な男に共感するという2人「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

不器用な男に共感するという2人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 花沢健吾の人気コミックを映画化した「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の女性限定試写会が1月25日、東京・半蔵門のTOKYO FMホールにて行われ、主演を務めたロックバンド銀杏BOYZのボーカル・峯田和伸松田龍平三浦大輔監督がトークイベントに登場した。

三十路手前にして童貞のサラリーマン・田西(峯田)は、エリート営業マン・青山(松田)の手ほどきで恋心を抱く女性ちはるに果敢にアタックするが、そこには衝撃の展開が待ち受けていた。

冴えないサラリーマンの田西を演じた峯田は、「田西はとろくて見ていてイライラするけど、自分にもそういう要素があるかもしれない」と苦笑い。一方、モテ男・青山を演じた松田は、「僕は青山より田西の方が好きですね。田西の不器用で、スマートにできない歯がゆさは分かる気がする。僕は完全にそっち側です」と意外な一面を明かした。普段から独特の雰囲気を放つ峯田は、「僕は押尾学さんみたいになりたいですね。ああいうスピリットを持っていたい」と、不思議な発言で会場の笑いを誘っていた。

舞台出身で本作が映画デビュー作となった三浦監督は、「男の泥臭くて汚い部分をリアルに描いた映画だからこそ、女性に見てもらいたいです。汚い野郎だけが見る映画にはしたくないですね」と、集まった女性客に語りかけていた。

ボーイズ・オン・ザ・ラン」はファントム・フィルム配給で、1月30日より全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi