深作健太監督、3D版“飼育女優”亜矢乃を「セクシーじゃない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月30日 > 深作健太監督、3D版“飼育女優”亜矢乃を「セクシーじゃない」
メニュー

深作健太監督、3D版“飼育女優”亜矢乃を「セクシーじゃない」

2010年1月30日 19:55

ついに3D「完全なる飼育」の全貌明らかに「完全なる飼育 メイド、for you」

ついに3D「完全なる飼育」の全貌明らかに
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実在の事件に基づいた小説「女子高校生誘拐飼育事件」を映画化した異色シリーズ第7弾「完全なる飼育/メイド、for you」の初日舞台挨拶が1月30日、東京・シネマサンシャイン池袋で行われ、深作健太監督、主演を務める柳浩太郎亜矢乃が登壇した。

漫画喫茶店長の椛島(柳)と、彼によって監禁されたメイドの苺(亜矢乃)の激しい愛憎を描く。同シリーズ初メガホンの深作監督は、「先輩方がシリーズを通して、時代を切り取る鏡を作ってくれた。メイド文化は自分にとっては未知の世界だったが、今の日本の姿を見ることができた」と語った。3D映像を濡れ場のシーンを中心に用いた同作を、「見世物小屋でのぞきをする感覚。アトラクションとしての映画の楽しみ方を取り戻せれば」とアピールし、「かわいい娘が嫁に行くような気分。ぜひ皆さんに大切に育ててほしい」と感無量の表情だった。

以前からシリーズの大ファンだった亜矢乃は、「出演が決まったときは、うれしすぎてラーメン屋で大絶叫でした」。引きこもりがちの男を演じた柳は、「ひとりぼっちで部屋で過ごした。見事にヒマになって(笑)」と役作りを語ったが、撮影本番では「セリフを覚えるのに苦労して、最終的にはカンペ……」と自ら暴露。深作監督は苦笑しつつ、「舞台を見てホレていた俳優だったので、ゴリゴリオファー」と柳を起用した経緯を明かし、亜矢乃については「僕から見るとあんまりセクシーじゃない(笑)。むしろ少年的な魅力ですね」と語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi