マンデラ役のM・フリーマンは社会派ジャーナリストからも太鼓判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月27日 > マンデラ役のM・フリーマンは社会派ジャーナリストからも太鼓判
メニュー

マンデラ役のM・フリーマンは社会派ジャーナリストからも太鼓判

2010年1月27日 11:27

国をひとつにする最適なツールはワールドカップ「インビクタス 負けざる者たち」

国をひとつにする最適なツールはワールドカップ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 95年のラグビー・ワールドカップを通じて、対立していた白人と黒人の融和を実現させた“奇跡”ともいえるネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の実話をもとに、名匠クリント・イーストウッド監督がメガホンをとった感動作「インビクタス/負けざる者たち」の特別試写会が1月26日、都内の試写室で行われた。

アパルトヘイト(人種隔離政策)からの脱却を描いた作品だけに、国際人権救援機構アムネスティ・インターナショナル日本事務局の寺中誠局長が司会を務め、ニューズウィーク日本版の竹田圭吾編集長、「世界がもし100人の村だったら」の再話者、池田香代子氏が登壇する社会派色の強いトークショーを展開。マンデラ氏がどのように民族融和に立ち向かったのか、そしてイーストウッドが作品に込めたメッセージなどについて、当時や現在の南アフリカの情勢を説明しながらのトークが繰り広げられた。

竹田氏は、「確かに人種差別はなくなったが、現在は激しい所得格差が生まれて国自体はうまくいっていない。(予定調和のハッピーエンドを迎える本作は)“そんなに人生は生やさしいものじゃないよ”というイーストウッドからの皮肉にもとれる」と分析。「イーストウッドのファン」だと語る池田氏は、「確かに(映画で)現実を覆い隠すことはできないけれど、勇気をもらっていくという、世界を生きる我々へのメッセージなんだと捉えたい」とポジティブな発言に終始した。さらに、竹田氏の「モーガン・フリーマンのマンデラのモノマネがすごく上手」という発言を発端に、3人でフリーマンの演技を絶賛していた。

インビクタス/負けざる者たち」は、2月5日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi