スコセッシ監督が児童文学?「ユゴーの不思議な発明」を映画化か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月25日 > スコセッシ監督が児童文学?「ユゴーの不思議な発明」を映画化か
メニュー

スコセッシ監督が児童文学?「ユゴーの不思議な発明」を映画化か

2010年1月25日 12:00

デ・ニーロやレオ様の出番は?「シャッター アイランド」

デ・ニーロやレオ様の出番は?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1月17日のゴールデングローブ賞でセシル・B・デミル名誉賞を受賞、最新スリラー「シャッター・アイランド」の公開を控えるマーティン・スコセッシ監督が、ワーナー・ブラザースが映画化するブライアン・セルズニックの児童文学「ユゴーの不思議な発明(The Invention of Hugo Cabret)」の監督の座に収まることになった。

米バラエティ誌が伝えたもので、プロデューサーとしてアカデミー賞4冠に輝く「ディパーテッド」のグラハム・キングと再タッグを組む。「グラディエーター」「ラスト・サムライ」「アビエイター」の脚本家ジョン・ローガンがその脚色にあたる。

同作の舞台は1930年代のパリ。主人公ユゴーはパリ駅の時計台に隠れ住む12歳の孤児で、亡くなった父の遺したノートをもとに作られたからくり人形の秘密を探っていくうちに、不思議な少女イザベルに出会うという“ボーイ・ミーツ・ガール”のストーリー。

巨匠スコセッシが児童文学の映画化に挑むのは初めてのことだが、原作は全米図書賞ファイナリストにもなった世界的ベストセラーで、07年の刊行当時から「The Fantastic Mr. Fox」のウェス・アンダーソンや「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズが興味を示していた題材。ジョルジュ・メリエス監督などによる「モノクロの無声映画」が物語の重要なカギを握っており、“映画狂”のスコセッシ監督にはうってつけだ。

この企画はプロデューサーのキングが映画化権を取得。キングにとってスコセッシがファーストチョイスだったが、スコセッシが多忙だったために、一時は「アイス・エイジ」「ロボッツ」のクリス・ウェッジ監督に託されていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi