スコセッシ監督の次回作はシナトラ伝記映画か?遠藤周作「沈黙」か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月9日 > スコセッシ監督の次回作はシナトラ伝記映画か?遠藤周作「沈黙」か?
メニュー

スコセッシ監督の次回作はシナトラ伝記映画か?遠藤周作「沈黙」か?

2009年9月9日 12:00

企画がたくさんありすぎるのも困りもの「フィールド・オブ・ドリームス」

企画がたくさんありすぎるのも困りもの
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マーティン・スコセッシ監督が映画化を進めている大歌手フランク・シナトラの伝記映画「シナトラ」に、リック・ガードという英国人バンドシンガーが雇われたことが分かった。

英タブロイド紙サンに対し、ガードは「スコセッシの関係者からEメールが来た時、かつがれたと思ったんだ。それから、僕に出演を求めていたアメリカのエージェントから連絡があったんだけど、僕のウェブサイトはアクセスが殺到してパンクしそうだった」と、喜びを述べている。同紙によると、ガードはサウンドトラックの録音のために雇われたようで、シナトラの歌声を代わりに出すミュージカル・スタントを演じるようだ。

フィル・アルデン・ロビンソン(「フィールド・オブ・ドリームス」)脚本の同作では、タイトルロールとして、レオナルド・ディカプリオジョージ・クルーニージョニー・デップという3人のビッグネームの名前が挙がっている。スコセッシ監督、スタジオのユニバーサル映画、シナトラの遺族の三者がそれぞれ違う名前を推しているのだという。

一方で、スコセッシ監督が10数年間映画化を切望している企画が、遠藤周作の小説を原作とする「沈黙」だ。すでにダニエル・デイ=ルイスとベニチオ・デル・トロという2人のオスカー俳優が、17世紀の鎖国時代の日本に渡来するポルトガル人宣教師の役としてキャスティングされており、後はゴーサインを待つばかりの状態だが、同作の最大のネックは、テーマの重さからくる興行価値の低さだという。

ディカプリオ主演、デニス・ルヘイン原作のスコセッシ監督最新作「シャッター・アイランド」は全米公開が来年2月に延び、今年の賞レースから外れてしまったため、「沈黙」のプロデューサーたちは、同作を再来年以降の賞レースに参戦させたい意向だ。

他にも監督作として、ジョージ・ハリスン(元ビートルズ)のドキュメンタリー映画も構想にあり、さらに1920年代の米アトランティックシティのギャングたちを描く米HBOのTVシリーズ「ボードウォーク・エンパイア」もプロデュース、パイロット版の監督も手がける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi