米撮影監督協会賞ノミネート発表 ヨーロッパ出身の名カメラマン3名が候補入り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月13日 > 米撮影監督協会賞ノミネート発表 ヨーロッパ出身の名カメラマン3名が候補入り
メニュー

米撮影監督協会賞ノミネート発表 ヨーロッパ出身の名カメラマン3名が候補入り

2010年1月13日 12:59

[映画.com ニュース] アメリカ撮影監督協会(ASC)賞のノミネートが1月11日に発表され、ヨーロッパ出身の名カメラマン3人が候補入りを果たした。

昨年のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作、ミヒャエル・ハネケ監督「ホワイト・リボン」のクリスチャン・ベルガー(オーストリア出身)は、ここまでニューヨーク、ロサンゼルスおよび全米批評家協会賞の撮影賞を制し、目下のところ最有力候補となっている。

ハート・ロッカー」のバリー・アクロイド(イギリス出身)は、ケン・ローチ監督作品の撮影で知られ、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した「麦の穂をゆらす風」(06)ではヨーロッパ映画賞撮影監督賞を受賞。そして「アバター」のマウロ・フィオーレ(イタリア出身)は、「トレーニング・デイ」(01)など、ハリウッドに活躍の場を移している。

ちなみに、「NINE」のディオン・ビーブはオーストラリア出身で、今回アメリカ人の撮影監督は「イングロリアス・バスターズ」のロバート・リチャードソンのみという、同協会長マイケル・ゴイが指摘する通り、「撮影表現はグローバルな言語」であることを反映した結果となった。

ASC賞結果は2月27日、米ロサンゼルスのハイアット・センチュリープラザ・ホテルで開催される授賞式にて発表される。

▽ASC賞ノミネート
ハート・ロッカー」 バリー・アクロイド
NINE」 ディオン・ビーブ
「ホワイト・リボン」 クリスチャン・ベルガー
アバター」 マウロ・フィオーレ
イングロリアス・バスターズ」 ロバート・リチャードソン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi