トム・ハンクスが14年ぶりの監督作でジュリア・ロバーツと共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月13日 > トム・ハンクスが14年ぶりの監督作でジュリア・ロバーツと共演
メニュー

トム・ハンクスが14年ぶりの監督作でジュリア・ロバーツと共演

2010年1月13日 11:28

ハンクスが久々にメガホン「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

ハンクスが久々にメガホン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・ハンクスが96年の「すべてをあなたに」以来、14年ぶりに劇場映画を監督することが分かった。

英エンパイア誌によると、タイトルは「ラリー・クラウン(原題)」で、ハンクスはジュリア・ロバーツと共に主演を務めるほか、脚本も手がけている。ハンクス演じる中年の主人公ラリー・クラウンが、生まれ変わって新しい仕事を見つけようとするコメディだ。ハンクスとロバーツは、07年のマイク・ニコルズ監督作「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」で共演している。「ラリー・クラウン」は、ロサンゼルスで4月から撮影開始の予定。

ロバーツの劇場最新作は、ブラッドリー・クーパーアン・ハサウェイジェシカ・ビールジェシカ・アルバら豪華キャスト共演のロマンチックコメディ「バレンタインデー」で、2月12日に日本公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi