「007」シリーズ第23作に、オスカー監督サム・メンデスが急浮上 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年1月6日 > 「007」シリーズ第23作に、オスカー監督サム・メンデスが急浮上
メニュー

「007」シリーズ第23作に、オスカー監督サム・メンデスが急浮上

2010年1月6日 16:56

イギリス人のメンデス監督がメガホン「アメリカン・ビューティー」

イギリス人のメンデス監督がメガホン
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズ第23作、通称「ボンド23」の監督候補として、「アメリカン・ビューティー」のオスカー監督、サム・メンデスが急浮上してきた。

米ハリウッド・レポーター誌が報じたもので、現在、メンデス監督が「007」シリーズを製作するイオン・プロダクションと交渉に入っているという。また同誌によれば、これまで2010年末スタートと報じられてきた同作の撮影が、早ければ6月に前倒しされる可能性もあるようだ。

メンデス監督が決定すれば、「007」シリーズ史上初めてオスカー監督がメガホンをとることになる(2000年のデビュー作「アメリカン・ビューティー」で作品賞と監督賞を受賞)。同監督の近作は、妻のケイト・ウィンスレットレオナルド・ディカプリオを主演に迎えた「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」。

「ボンド23」には、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグと、M役のジュディ・デンチが続投。脚本に、「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガンと、「007/カジノ・ロワイヤル」「007/慰めの報酬」などを手がけたシリーズ常連のニール・パービスロバート・ウェイドのコンビが起用されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi