パンクブーブー、快挙も「今は恐怖しかない…」「M-1グランプリ2009」優勝会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月21日 > パンクブーブー、快挙も「今は恐怖しかない…」「M-1グランプリ2009」優勝会見
メニュー

パンクブーブー、快挙も「今は恐怖しかない…」「M-1グランプリ2009」優勝会見

2009年12月21日 12:00

初の決勝進出で見事優勝!

初の決勝進出で見事優勝!
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ABC・テレビ朝日系で12月20日夜に生中継した漫才日本一決定戦「オートバックス M-1グランプリ 2009」は、“月給13万円”の無名コンビ・パンクブーブーが優勝。初の決勝進出で審査員全員一致の完全優勝という快挙を達成した。番組終了後、大会委員長で審査員の島田紳助とともに記者会見したパンクブーブーは、一夜にして賞金1000万円とM-1王者という肩書きを獲得し「今は恐怖しかありません……」と笑いを誘った。

パンクブーブーは、01年にコンビを結成。「M-1」には01年の第1回大会から出場し、過去5回準決勝まで進むも決勝進出は今年が初めてだった。決勝では安定した漫才を披露。島田や松本人志ら審査員7人全員の満票で、2006年のチュートリアル以来の大会史上2度目の完全優勝。島田からも「決勝では断トツ。体操でいうとノーミス」と大絶賛された。

会見でパンクブーブーは、大先輩・島田と多数の報道陣を前に、本番以上にガチガチで、ツッコミの黒瀬純は「まだ実感が湧きません」と夢見心地。島田に「今の給料いくらやねん?」と聞かれ、ボケの佐藤哲夫は「13万から14万くらいです」と告白。目の前の現実に戸惑いながらも「でかくて安くて不味いパンしか食べてなかったから、いいパンを食べたいです」とボケてみせた。

賞金の使い道はと聞かれ、黒瀬は「母親の借金を肩代わりしているのでそれを払います」、佐藤は「全部貯金します」。また、優勝決定後早くも「行列のできる法律相談所」(日テレ系)のプロデューサーから島田のもとに「彼らに出演してもらいたい」という電話が届いたというエピソードも披露され、パンクブーブーも今後忙しくなることは必至の状況。佐藤は「出れるものは全部出たいです」と意欲的に話したが、気になるフリートークの腕前を聞かれ、黒瀬が「これからの成長を見てください!」と返すのが精いっぱいだった。

今年の「M-1グランプリ」は過去最多の4629組が参戦。決勝には、ナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、ハリセンボン、笑い飯、ハライチ、モンスターエンジン、パンクブーブーに、敗者復活戦を勝ち上がったNON STYLEを加えた9組(ネタ順)が進出。8年連続決勝進出の笑い飯は今年も悲願達成ならず。昨年の覇者・NON STYLEは意地をみせたが連覇はならなかった。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi