「X-MEN」シリーズ最新作「ファーストクラス」にブライアン・シンガー監督が復帰! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月18日 > 「X-MEN」シリーズ最新作「ファーストクラス」にブライアン・シンガー監督が復帰!
メニュー

「X-MEN」シリーズ最新作「ファーストクラス」にブライアン・シンガー監督が復帰!

2009年12月18日 17:03

うれしさのあまり口がすべった!「アバター(2009)」

うれしさのあまり口がすべった!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「X-MEN」シリーズ第1作と第2作でメガホンをとったブライアン・シンガー監督が、シリーズ4作目となる新作「X-MEN: First Class(原題)」の監督として20世紀フォックスと正式に契約を交わしたことが明らかになった。

12月16日、ロサンゼルスで行われたジェームズ・キャメロン監督最新作「アバター」のプレミアに出席したシンガー監督が自ら明かしたもの。ちょうどその前日に契約書にサインしたとのことで、インタビュアーにマイクを向けられたシンガー監督も興奮のあまりつい口にしてしまったようだ。

シンガー監督は「X-メン」(00)と「X-MEN2」(03)でメガホンをとったものの、シリーズ第3弾「X-MEN/ファイナル・ディシジョン」(06)では、自らの希望でワーナーの「スーパーマン・リターンズ」を監督するために降板。代わって「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナー監督が同作のメガホンをとった。シンガー監督自身、10月ごろからシリーズに復帰したい意向を明かしており、念願叶った格好だ。

新作は、登場人物の若き日が描かれる、いわゆる「オリジンもの」になる模様。大ヒットTVシリーズ「ゴシップガール」「The OC」のクリエイターであるジョシュ・シュワルツが執筆した脚本第1稿を、ドリームワークスによる「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」実写映画化企画の脚本家に起用されたジェイミー・モス(「フェイクシティ/ある男のルール」)がリライトすることになっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi