「ゴシップガール」クリエイターがジェイ・マキナニーの青春小説を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月6日 > 「ゴシップガール」クリエイターがジェイ・マキナニーの青春小説を映画化
メニュー

「ゴシップガール」クリエイターがジェイ・マキナニーの青春小説を映画化

2009年4月6日 12:00

[映画.com ニュース] “80年代のサリンジャー”と謳われたジェイ・マキナニーのデビュー小説「ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」(84)を米MGMが再映画化することになり、監督・脚本に「The OC」「ゴシップガール」などの人気TVシリーズのクリエイター、ジョシュ・シュワルツが起用されたことが分かった。シュワルツにとってはこれが劇場映画監督デビュー作となる。

同作は、ニューヨークの一流出版社に勤めながら、毎晩ナイトクラブに通い、コカインに溺れる青年の姿を描いた青春小説。80年代という時代の空気を見事に捉えて日本でもベストセラーとなった。88年には、マイケル・J・フォックス主演で一度映画化されている(「再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ」)。

マキナニーとシュワルツは昨年、トライベッカ映画祭でともに審査員を務め、それが縁で今回の話に至ったようだ。マキナニーも「ゴシップガール」にゲスト出演を果たしている。

現代のティーンエイジャーのグラマラスな世界を得意とする若きヒットメーカーが、この21世紀に80年代のヤッピーをどう再現するのか注目したい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi