愛人騒動のタイガー・ウッズを皮肉った爆笑パロディが放送 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月9日 > 愛人騒動のタイガー・ウッズを皮肉った爆笑パロディが放送
メニュー

愛人騒動のタイガー・ウッズを皮肉った爆笑パロディが放送

2009年12月9日 11:26

あと何人出てくるのか?

あと何人出てくるのか?
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウェイトレスやポルノ女優など、次から次へと愛人が名乗り出る前代未聞の泥沼不倫スキャンダルで窮地に立たされている米ゴルフプレイヤー、タイガー・ウッズを皮肉ったパロディが12月5日、人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」で放送された。

コメディアンのキーナン・トンプソンがウッズ役、「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーがウッズの妻エリン・ノルデグレン役でゲスト出演。仁王立ちの妻の横でうろたえた表情のウッズは、報道陣への釈明で、愛人が複数いることをうっかりしゃべってしまったり、途中で愛人の1人から携帯に電話がかかってきたり。そのたびに映像は一時中断され、妻にゴルフクラブで殴られたと思われるウッズが病院に搬送されたとニュースキャスターが告げる。退院した傷だらけのウッズは弁明を続けるが、最後はウッズが手にした原稿の裏側に「助けて」「怖いよ」と大きく書かれた文字が映し出され、それに気づいた妻がさらに激昂するという約4分30秒のコントだ。

ウッズの愛人騒動については、連日全米メディアで最新情報が報じられており、「避妊具も使わずに性行為に及んだ」と不倫相手が告白するなど、これまでのウッズのクリーンなイメージを覆す情報が相次いでいる。ウッズの弁護士やPRチームは、信用回復のため、彼の友人である大物司会者オプラ・ウィンフリーのトーク番組で率直な心境を明かすよう出演の段取りにむけ奔走しているようだ。妻エリンが同席できれば家族の関係修復もアピールできるが、米ニューヨーク・デイリー・ニュース紙は妻が別居に踏み切ったと伝えている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi