「つむじ風食堂の夜」が八嶋智人にもたらしたもの : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月13日 > 「つむじ風食堂の夜」が八嶋智人にもたらしたもの
メニュー

「つむじ風食堂の夜」が八嶋智人にもたらしたもの

2009年11月13日 18:48

“お呼びがかかり待ち”です!「つむじ風食堂の夜」

“お呼びがかかり待ち”です!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉田篤弘の人気小説を篠原哲雄監督が映画化する「つむじ風食堂の夜」が、11月21日に公開される。同作で「秋深き」に続く主演2作目に挑み、主人公の「わたし」を演じた八嶋智人に話を聞いた。

原作者の吉田は、「わたし」の人物設定を執筆する際に八嶋をイメージしたという。変則的ではあるがアテ書きされた役を演じた八嶋は、「すごくラッキーなこと。撮っているときは考えている余裕もありませんでしたが、初号試写でお会いしたときに『大丈夫でした?』とは聞きました」と振り返る。

舞台は、懐かしい町「月舟町」にある風変わりな食堂。月船さらら下條アトム田中要次らが扮する常連客と織り成すハートウォーミングな群像劇に、「『わたし』っていう誰でもない役が、色々な人にだぶればいいなと思いましたね。周囲のキャラクターの個性が強くて『わたし』に刺激を与えてくれようとするので、あえて表現をする必要はないと考えました。僕は、刺激を受けることに対してウソがないように演じるということが一番重要だと思いましたね」と真摯に話した。

八嶋にとっては、「ガメラ3・邪神覚醒」(99)で銀幕デビューを果たして以来、今回で映画出演12作目。コミカルな役からシリアスな役までを柔軟に演じ分けてきているが、「俳優って“お呼びがかかり待ち”の仕事だと思うんですよ。僕は基本的に求められれば何でも演じたい」とどこまでも自然体だ。それでも、「今回は完全に受身でいることが作品にとって重要だったから、『そこにいる』ということが大事だった。主演でも奇抜な役でも、ひとつひとつお呼びがかかるのを待ちたいですね。そのために、ずっと俳優でいたいなあ」と貪欲な姿勢を垣間見させた。

そして、篠原監督が丹念に作り上げた「つむじ風食堂の夜」は、八嶋に“謙虚さ”をもたらした。「今回みたいに刺激を受ける側に立つと、『ありがとうございます』って気持ちになるんですよね。僕、すぐに天狗になるタイプなのですが、共演の皆さんに本当に助けられた。共演した芹澤興人君がすごく面白い俳優なんですが、そういう演技を見せ付けられると以前は嫉妬の感情が先走っていたんですよ。ただ今回は、その芝居をどう受け止めようかと思えるようになりましたね」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi