チャン・ツィイーが殺人鬼を演じる「ホースメン」監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月23日 > チャン・ツィイーが殺人鬼を演じる「ホースメン」監督に聞く
メニュー

チャン・ツィイーが殺人鬼を演じる「ホースメン」監督に聞く

2009年10月23日 17:14

マイケル・ベイはそんなにうるさくなかったようで「ホースメン」

マイケル・ベイはそんなにうるさくなかったようで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイケル・ベイ製作、チャン・ツィイーが美しき殺人鬼を演じた「ホースメン」のジョナス・アカーランド監督が、女版“ハンニバル・レクター博士”ともいえるキャラクター構築について、豪腕プロデューサー、マイケル・ベイとの仕事について語った。

新約聖書のヨハネの黙示録になぞらえた連続猟奇殺人事件をめぐって、ベテラン刑事(デニス・クエイド)と犯人グループとの攻防戦がスリリングに展開する同作。とりわけツィイー演じる殺人鬼が、「羊たちの沈黙」のレクター博士を彷彿とさせる知性と残虐性を持ち合わせている点が見ものだが、アカーランド監督は「素晴らしい比較だと思うけれど、彼女が演じたクリスティンはかわいそうな境遇の女の子。悪い影響を受けて、あのようになってしまった。そこにシンパシーを感じてほしいかな(笑)」と殺人鬼誕生までの背景に注目してほしいとアピールした。

テキサス・チェーンソー」「13日の金曜日」など往年の名ホラーをリメイクしてきた、マイケル・ベイ率いるプラチナム・デューンズ初のオリジナル脚本作品。社を挙げてのプロジェクトだけに、豪腕ぶりで知られるベイから大量の注文を受けたのではないだろうか? 「マイケルには詳細をすべて伝えたけれど、積極的にかかわってくることはなかったよ。ムチャぶりをする人だということは知っていたけれど(笑)、僕たちは悪い関係にはならなかったよ。マイケルが僕の前作『SPUN スパン』などを見て、信頼してくれていたはずだから」

劇中には“サスペンション”という人間を吊るすショッキングな装置が登場。「ソウ」シリーズ顔負けの残酷描写に目を覆いたくなるが、「ほかのサスペンス・スリラーと違う点は、人間ドラマがあることさ」と差異を強調。そして、「テーマの中心は家族。“ドラマ・スリラー”とでもいうべきものとして理解したほうがいいかもしれないね」と語った。

ホースメン」は10月24日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi